手仕上げ | 記念タイムピース | 希少なハンドクラフト | レディスウォッチ | カスタマー・サービス | アコースティックス

タイムピース

主要な複雑機能

ケース

技術特許と技術革新

タイムピース

175年におよぶ歴史を誇ることのできるブランドはきわめて限られています。パテック フィリップは1839年の創業以来、一度も中断することなく、愛好家、コレクターが一致して世界最高の時計と評価するタイムピースを創作し続けてきました。この絶大な評価は、伝統と革新を融合させる哲学によるところが大きいといえましょう。またパテック フィリップの重要性が年と共に増大しているのは、1932年にパテック フィリップの経営を受け継ぎ、以来その発展と隆盛を指導してきたスターン家の情熱と献身によるところが大きいのです。今日パテック フィリップは、ジュネーブ最後の独立した家族経営の時計マニュファクチュールです。

パテック フィリップ創業175周年のスター、グランドマスター・チャイムの開発は2007年以来、精力的に進められてきました。両面に文字盤を備えたリバーシブルなこの腕時計は、壮麗に彫刻されたケース、20の複雑機能を備え、単一の腕時計にこれまで統合されたことのない、さまざまなチャイム機構を搭載しています。時の音楽に捧げられ、これに新たな息吹を与える超複雑タイムピースです。ユニークな彫刻を全面に施し、内に神秘的な生命を秘め、高級時計製作の新たな頂点を体現するグランドマスター・チャイムは、7個のみが製作されます。うち6個は、パテック フィリップ・タイムピースの愛好家、コレクターたちに販売され、7個目はパテック フィリップ・ミュージアムに展示され、一般に公開されます。

無限の多様性とユニークな音色を秘めたグランドマスター・チャイムは、ケースに施された壮麗な月桂樹の彫刻にふさわしいタイムピースです。視覚と聴覚のいずれにも喜びを与える、メロディーとハーモニーにあふれたこのタイムピースは、あらゆる意味で先見性の勝利を体現しています。

20の複雑機能
No. 1
グランドソヌリ
No. 2
プティットソヌリ
No. 3
ミニット・リピーター
No. 4
チャイム・モード表示(サイレント、グランドソヌリ、プティットソヌリ)
No. 5
チャイムによるアラーム
No. 6
永久カレンダー・デイトリピーター
No. 7
時回り輪列パワーリザーブ表示(MOUVEMENT)
No. 8
チャイム機構パワーリザーブ表示(SONNERIE)
No. 9
チャイム機構隔離(ON/OFF)表示
No. 10
第2タイムゾーン
No. 11
第2タイムゾーン昼夜表示
No. 12
瞬時日送り式永久カレンダー
No. 13
曜日表示
No. 14
月表示
No. 15
日付表示(両面)
No. 16
閏年サイクル
No. 17
4桁の年表示
No. 18
ムーンフェイズ
No. 19
24時間時・分表示サブダイヤル
No. 20
リュウズの位置表示(巻上げR、アラーム時刻設定A、時刻合わせH)

5175Rモデル

手巻ムーブメント、キャリバー300 GS AL 36-750 QIS FUS IRM。グランドソヌリ、プティットソヌリ、ミニット・リピーター。チャイム・モード表示(サイレント、グランドソヌリ、プティットソヌリ)。チャイムによるアラーム、永久カレンダー・デイトリピーター。時回り輪列パワーリザーブ表示。チャイム機構パワーリザーブ表示。チャイム機構隔離(ON/OFF)表示。第2タイムゾーン。第2タイムゾーン昼夜表示。瞬時日送り式永久カレンダー。曜日、月、日付表示。閏年サイクル。4桁の年表示。ムーンフェイズ。24時間時・分表示サブダイヤル。

リュウズの位置表示(巻上げ、アラーム時刻設定、時刻合わせ)。ソリッドゴールドのシルバー・オパーリン文字盤。前面文字盤:中央に手仕上げのギヨシェ装飾、ゴールド植字ローマ数字。ラージ・スクエアのハンドステッチ・アリゲーター・バンド、カラーはパティーナ手仕上げダークブラウン。全面に手作業で彫刻を施したソリッドゴールド折り畳み式バックル付。全面に手作業による彫刻を施したリバーシブル・ケース。非防水(湿気・埃にのみ対処)。ローズゴールド仕様。ケース径:47.4 mm、厚さ16.1 mm。

主要な複雑機能

A) グランドソヌリ

グランドマスター・チャイム中の珠玉の宝石は、3つのゴングで正時と15分、30分、45分を知らせる、最も希少なコンプリケーション機能のひとつ、グランドソヌリです。正時には時刻に相当する数の低音を打ちます。15分、30分、45分には正時に相当する数の低音を打ち、続いて高、中、低音の3つのゴングによるメロディーが鳴りますが、15分、30分、45分でそれぞれ鳴り方が異なります。グランドソヌリ機構を小さな腕時計のケースに組み込むためには、きわめて高度な創造性と技術力が必要でした。パテック フィリップはこのチャレンジを受けて立ち、ツイン・バレルの採用によりチャイム機構の30時間におよぶ連続駆動可能時間を可能にし、パテック フィリップが最高の評価を与えられている、豊かで水晶のように清澄な音色を実現したのです。グランドソヌリが必要ない時は、正時のみに時刻に相当する低音を打つプティットソヌリ、さらに静寂の中で時が過ぎて行くサイレント・モードを選択することもできます。

B) ミニット・リピーター

グランド・コンプリケーションの女王(グランドソヌリは女帝といえるかもしれませんが)と呼ばれ、パテック フィリップの最も卓越した分野のひとつであるミニット・リピーターは、現在の時刻を音の組合せで知らせます。パテック フィリップはチャイムの音響学的クォリティで伝説的な名声を欲しいままにしています。暗闇で水晶のように済んだ音色の組合せが1分単位まで現在時刻を知らせるのを聞くのは、魅惑的な体験です。グランドマスター・チャイムのミニット・リピーターはグランドソヌリ機構に統合されており、リュウズのプッシュボタンを静かに押すことにより作動させることができます。

C) チャイムによるアラーム

チャイムによるアラームは、ミニット・リピーター機構を利用し、これと同じ音の組合せで設定された時刻が来たことを優しく知らせてくれる、時計製作史上初めての機能です。チャイムによるアラームをONにすると、設定された時刻が来るか、またはアラームをOFFにするまで、その他のチャイム機構はすべてOFFとなります。チャイムによるアラームがONになっている時は、前面文字盤のベル型の小窓が赤に変わります。アラームが鳴った後は、小窓は白に戻ります。

アラーム時刻は、前面文字盤の12時位置にある24時間表示サブダイヤルにより15分単位で設定できます。しかしアラームは、セットした15分単位の時刻より常に2分前に鳴ります。これには理由があります。例えば1時にアラームをセットした場合、低音のゴングが1回鳴るだけでは、容易に聞き落としてしまいますが、2分前に鳴るため、12時58分を示す、低音が12回、クオーターが3回、端数の分が13回鳴ることになります。この独特な仕組みにより聞き落とす心配がありません。

D) 永久カレンダー・デイトリピーター

日付はグランドマスター・チャイムの表裏いずれの文字盤にも表示されます。閏年を含めてすべての月の日数を正しく判定する永久カレンダー機構を備えているため、日付は常に正しく表示されます(しかし100で割り切れ、しかも400で割り切れない年は閏年とならないため、2100年には日付調整が必要です)。グランドマスター・チャイムはさらに永久カレンダー・デイトリピーターを搭載しています。プッシュボタンを押すと、今日の日付の10の位と1の位を音で知らせます。高音と低音のゴングの組み合わせが10の位の数を表し、高音のゴングが1の位の数を表します。この発明は、ティエリー・スターン社長と長年の顧客であるコレクターの10年前の会話がきっかけとなっています。永久カレンダー・デイトリピーターはこれまで存在したことのなかった機能ですが、長い歴史を持つ機能のように完璧に作動します。

E) 瞬時日送り式永久カレンダー

グランドマスター・チャイムの瞬時日送り式永久カレンダー(日付、曜日、月、閏年サイクル、年表示)は、専用のエレガントな文字盤(裏面文字盤)を備えており、整然とした魅力的なレイアウトにより、最高の視認性を実現しています。4桁の数字により年を示す中央の表示窓(腕時計としてはきわめて希な機構で、特許出願中です)の周囲に、曜日(左)、月(右)、24時間表示(上)、日付・閏年サイクル(下)を表示する、4つの壮麗なサブダイヤルが配置されています。

F) 時刻、第2タイムゾーン時刻、ムーンフェイズ

グランドマスター・チャイムはユニークで多彩なチャイム機能を搭載していますが、きわめて有用なコンプリケーション機能を含む、伝統的な時刻表示機能も、もちろん備えています。家族やビジネス・パートナーが他の大陸にいる場合などに、現在地以外の場所の時刻を知りたいことはよくあるものです。このような場合、ゴールドの時針を第2タイムゾーン時刻に合わせます。第2タイムゾーンの昼夜表示も備えているため、真夜中に電話をかけて相手を起こす心配はありません。月の神秘な魅力は尽きません。また月の満ち欠けを表示するムーンフェイズは、今日も最も人気のあるコンプリケーション機能であり続けています。

ケース

デザインとケース

一見するとスカイムーン・トゥールビヨンの装飾された重厚なケースを思わせるフォルムですが、グランドマスター・チャイムの全面を美しく彫刻されたケースは、他に類を見ないものとなっています。なぜなら、同一の重要性を与えられ、いずれも時刻表示を備えた2面の文字盤を持ち、容易に反転させて使用できるからです。前面文字盤は時刻表示とチャイム機能に焦点を当てており、裏面文字盤は瞬時日送り式永久カレンダーの表示を行います。特許取得の機構(これのみで開発に3年が必要でした)により、ケースはスムーズに反転された後、選択した側の文字盤を上にして安全確実に固定されます。この高度な機構により、ケースもムーブメントに劣らぬ複雑さを備えていることがわかります。通常のケースは12個あまりの部品から構成されますが、グランドマスター・チャイムのケースは214個という多数の部品から構成されています。真の芸術作品であり、いずれの面を上にしてもまったく同一の快適さで着用できる、初めてのラウンド型ケースということができます。これほど複雑な構造にも関わらず、多数の機能はスムーズに容易に操作でき、チャイムは重厚で豊かな響きの音色を聞かせてくれるのです。

パテック フィリップ・グランドマスター・チャイム デザインとケース
パテック フィリップ・グランドマスター・チャイム デザインとケース
パテック フィリップ・グランドマスター・チャイム デザインとケース
パテック フィリップ・グランドマスター・チャイム デザインとケース

装飾と文字盤

グランドマスター・チャイムは、かくも高い名声を与えられているパテック フィリップの希少な工芸技術を体現しており、各分野の名匠が力を合わせた最高の傑作となっています。18金ローズゴールドのケースと折り畳み式バックルは、その全面に《勝利》を意味する古代のシンボルを思わせる、手作業による月桂樹の彫刻で美しく装飾されています。2枚のソリッドゴールド文字盤も同じく印象的です。時刻表示とチャイム機構の前面文字盤は、デリケートなゴールドのインデックスや装飾が植字され、中央には放射状の音の広がりを象徴する手仕上げのギヨシェ装飾が施されています。裏面文字盤のカレンダー表示がクラシックに配置された壮麗なデザインには、フィリップ・スターン名誉会長の意向が反映されています。

パテック フィリップ・グランドマスター・チャイム デザインとケース
パテック フィリップ・グランドマスター・チャイム デザインとケース
パテック フィリップ・グランドマスター・チャイム デザインとケース
パテック フィリップ・グランドマスター・チャイム デザインとケース

技術特許と技術革新

技術特許

グランドマスター・チャイムは、現存のいかなる腕時計とも比較できない、他に類を見ない腕時計です。6件の技術特許によって保護されており、さらにその他のいくつかの点についても、製作、技術の両面における驚異的な新しい可能性を指し示しています。

パテック フィリップ・グランドマスター・チャイム

技術特許の内容

チャイムによるアラーム機構:あらかじめ設定した時刻にミニット・リピーター機構により時、クオーター(15分)、端数の分の数をゴングにより知らせる機構

サイレント・モード選択時にグランドソヌリの作動を隔離する機構

単一のスライドピースによりグランドソヌリ、プティットソヌリ、サイレントの中からチャイム・モードを選択する機構

永久カレンダー・デイトリピーター機構:ティエリー・スターン社長を発明者とする、今日の日付を音で知らせる機構

両面に文字盤を備えたラウンド型ケースを軸を中心に反転させ、両方のラグにより安全確実に固定する機構

4桁の年表示機構(出願中):4桁の年表示を自動的に閏年サイクルと同期させ、年表示を容易に前進、後退させることのできる機構

パテック フィリップ・グランドマスター・チャイム

隔離機構

パテック フィリップ・グランドマスター・チャイムは数々の技術的壮挙を含んでおり、時計製作における頂点を体現していると考えられます。しかし内部の構造が高度で複雑であればあるほど、その操作はシンプルで安全でなければなりません。この理由から使用者の不適切な操作による損傷を防止する数多くの方策が講じられています。隔離機構は、ある機能が作動中は他の機能を作動させないようにするものです。アラームやグランドソヌリの作動を個別的に隔離する機構、すべてのチャイム・モードを隔離する機構、リュウズを引き出すとグランドソヌリ、プティットソヌリ、ミニット・リピーター、チャイムによるアラームを隔離する機構があります。

これらの隔離機構は、誤動作を防止し、常に最高のコンディションでの作動を保証することにより、パテック フィリップのタイムピースの価値の永続性に少なからず貢献しています。

動画