イントロダクション

4899/900G
- カラトラバ
自動巻ムーブメント

この新しい婦人用自動巻カラトラバ・ハイジュエリー・モデルは、さまざまなハンドクラフト技術の組み合せにより実現された、希少で洗練されたタイムピースです。マザーオブパール文字盤には羽毛のモチーフが刻まれ、ダイヤモンドとピンクサファイヤがスノーセッティングされ、ケースとバックルには、やはりダイヤモンドとピンクサファイヤが隙間なく全面にセッティングされています。


自動巻ムーブメント。 キャリバー 240。 149個のダイヤと182個のピンクサファイヤ付ケース。 36個のダイヤと1個のカボションカット・ピンクサファイヤ付リュウズ。 貴石の合計個数702個(約4.35カラット)。 手彫金を施した指針。 98個のダイヤと89個のピンクサファイヤ付エングレービング入りマザーオブパール文字盤。 18金ゴールドの文字盤プレート。 ラージ・スクエアのアリゲーター・バンド、カラーはブリリアント・ローズ、65個のダイヤと82個のピンクサファイヤ付ピンバックル。 ホワイトゴールド仕様。 サファイヤクリスタル・バック。 3気圧防水。 ケース径: 35.8 mm。

価格:

これはあなたのウィッシュリストに追加されました

キャリバー

240
自動巻ムーブメント

Patek Philippe キャリバー 240 - フロント
フロント バック

240
自動巻ムーブメント

外径: 27.5 mm。 厚さ: 2.53 mm。 部品総数: 161個。 受けの枚数: 6枚。 石数: 27石。 連続駆動可能時間: 最小48時間。 22金偏心マイクロローター。 テンプ: ジャイロマックス。 毎時振動数: 21 600 (3 Hz)。 Spiromax®。 認定刻印: パテック フィリップ・シール。 技術特許: CH 595 653。

ライブラリー

ニコラス・フォークス著「パテック フィリップ正史」

パテック フィリップの過去から今日に至るオーナー、スタッフ、時計師たちへの独占インタビュー、およびこれまで公開されたことのない当社歴史資料に立脚した『パテック フィリップ正史(原題:Patek Philippe: The Authorized Biography)』は、ユニークな会社の歴史へのオマージュです。ニコラス・フォークスは、創業者アントワーヌ・ノルベール・ド・パテックのポーランドにおける生い立ち、若い騎兵将校として反乱に加わって敗れ、亡命を余儀なくされ、ジュネーブに居を定め、才能ある時計師ジャン・アドリアン・フィリップと出逢うまで、そして1932年にスターン家によって経営が引き継がれ、4世代以上経った今日、揺るぎない伝説となるまでのパテック フィリップの歴史を描いています。 (...)

技術とノウハウ

最小のディテールへの配慮
ジェム・セッティング

ジェム・セッティングには、パテック フィリップ・シールの厳格な認定規準に準拠した、最高品質の貴石(ダイヤモンド、ルビー、サファイヤ、エメラルド)のみが用いられています。色彩はグレードD~G、透明度は内包物なし(グレードIF)、カットも最高グレード(ExcellentとVery Good)のもののみを採用しています。完璧なカットは、精密で均一なセッティングを行なうためにも欠かせません。パテック フィリップでは、貴石を正統的なセッティング技術によりセッティングし、決して接着剤などは用いません。各々の貴石は、あらかじめ施されたくぼみ(ミトライアージュ)に配置し、まわりの金属(通常はゴールド)を盛り上がらせ、盛り上がった金属を寄せて固定します。貴石は鉛直に、軸を揃え、テーブル面が同じ高さで、しかもしっかりと確実に固定されます。セッティング方法(グレイン、ランダム・セッティング、バゲットカット・ダイヤモンドのインデックスなど)に関わらず、各々の貴石の形状と特有の性質を考慮し、最大の輝きを与えるようにします。

プレスリリース

Patek Philippe at Baselworld 2017

A year with two anniversaries and fascinating debuts. Patek Philippe can look back to an uninterrupted legacy of 178 successful years in business, so it is not surprising that the suite of anniversaries is becoming denser. They prompt the Genevan manufacture to craft commemorative watches that recall significant events. In 2017, the Aquanaut collection is celebrating its 20th birthday with an anniversary model while the ultra-thin self-winding caliber 240 movement can showcase its many facets with a number of timepieces presented on the occasion of its 40th anniversary. The future is unfolding with a new perpetual calendar watch featuring a timelessly classic "vintage" design, and also with the latest milestones in the "Patek Philippe Advanced Research" series that are united in a limited edition of the Aquanaut Travel Time.

本ウェブサイトは、機能の向上と分析、およびお客様に最高の体験をしていただくため、「免責事項」に記載のように、クッキー(cookies)を使用しています。設定を変更せずに本ウェブサイトのご訪問を継続なさることにより、お客様は、本ウェブサイトによるクッキー(cookies)の使用に同意なさったことになります。