イントロダクション

5374P
- グランド・コンプリケーション
自動巻ムーブメント

ミニット・リピーター、永久カレンダー搭載のグランド・コンプリケーションに、丸みを帯びた優美なプラチナ・ケースのニューモデルが登場しました。凹面のベゼルとサテン仕上げを施したケース側面のくぼみがアクセントを与えています。本黒七宝文字盤には、植字ブレゲ数字と段差のついたサブダイヤルを配しています。


自動巻ムーブメント。 キャリバー R 27 Q。 ミニット・リピーター。 2本の《カセドラル・ゴング》搭載のミニット・リピーターはケースに統合されたスライドピースで起動。 永久カレンダー。 ムーンフェイズ、24時間表示サブダイヤル。 曜日、日付、月、閏年を指針表示。 本黒七宝文字盤、ゴールド植字ブレゲ数字。 18金ゴールドの文字盤プレート。 ラージ・スクエアのハンドステッチ・アリゲーター・バンド,カラーはブリリアント・ブラック。 プラチナ仕様。 サファイヤクリスタル・バックと通常のケースバックが共に付属。 非防水(湿気・埃にのみ対処)。 ケース径: 42 mm。 厚さ: 12.2 mm。

価格:

TOGGLE
これはあなたのウィッシュリストに追加されました

キャリバー

R 27 Q
自動巻ムーブメント

Patek Philippe キャリバー R 27 Q - フロント
フロント バック

R 27 Q
自動巻ムーブメント

ミニット・リピーター。 永久カレンダー: 曜日、日付、月、閏年を指針表示。 外径: 28 mm。 厚さ: 6.9 mm。 部品総数: 467個。 受けの枚数: 12枚。 石数: 39石。 連続駆動可能時間: 最小38時間、最大48時間。 22金偏心マイクロローター、単方向巻上げ式。 テンプ: ジャイロマックス。 毎時振動数: 21 600 (3 Hz)。 Spiromax®。 認定刻印: パテック フィリップ・シール。

セッティング

ムーンフェイズ・インジケーターの設定方法

フルムーン・カレンダー
フルムーン・カレンダー
フルムーン・カレンダー
フルムーン・カレンダー
フルムーン・カレンダー
フルムーン・カレンダー
フルムーン・カレンダー
夜空を表すブルーまたはホワイトの背景上にゴールドの星と2個の月を配したディスクがムーンフェイズ表示窓の内側で回転します。ディスクはコランダム結晶(サファイヤ)の薄い板から切り出されます。

月と星は、モチーフを切り抜いたマスクでサファイヤ・ディスクを覆い、ゴールドを真空中で表面に蒸着させます。ムーンフェイズ表示窓は、ディスクの上部にあたる部分が特殊な形状に切り抜かれており、月の満ち欠けを表すことができます。

月齢周期のはじめには、第1の月がムーンフェイズ表示窓の左側の縁から、細い三日月として現われます。ディスクの回転にともない、三日月は満ちていきます。

月齢周期の半分が来ると、第1の月は全体が姿を現し、満月となります。その後はディスクの回転にともない、ムーンフェイズ表示窓の右側の縁に隠れて、月は欠けていきます。

第1の月がムーンフェイズ表示窓から見えなくなると、新月となります。その後は、第2の月がムーンフェイズ表示窓の左側の縁から、細い三日月として現われます。

閏年インジケーター

この閏年インジケーターは、西暦の年号を入力すると、閏年サイクルの何年目かを示します。閏年は右の文字盤上にローマ数字のIVまたはアラビア数字の4で表示されます。
右のプルダウンメニューで西暦の年号を選択し、《計算する》をクリックしてください。
2017
年 I
2018
年 II
2019
年 III
2020
年 IV
2021
年 I
2022
年 II
2023
年 III
2024
年 IV
2025
年 I
2026
年 II
2027
年 III
2028
年 IV

ライブラリー

《ミニット・リピーターの本》

「高級時計製作の世界では、ミニット・リピーターは、常に当然のこととしてパテック フィリップの名と結びつけられています。コンプリケーテッド・ウォッチの愛好家、コレクターたちが、この驚嘆すべきメカニズムからパテック フィリップ・ブランドを連想するのは、偶然ではありません。これには確固たる理由があるのです。」《ミニット・リピーターの本》と題する本書は、19世紀から今日に至る、パテック フィリップのストライク機構を備えたタイムピースの歴史を跡づけています。この魅惑的な旅は、チャイム・ウォッチの誕生から始まり、その製作にかかわるチャレンジを解説し、私たちをこれらのユニークな時間計測機器の内部に誘います。本書の第2部では、キャリバー89、スターキャリバー2000などのマスターピースを始めとするパテック フィリップの伝説的なチャイム・ウォッチを詳説しています。 (...)

技術とノウハウ

ミニット・リピーター
ティエリー・スターン社長独占インタビュー

この独占インタビューで、ティエリー・スターン社長は、すべてのコンプリケーションの中で最も好むミニット・リピーターについて率直な心情を吐露しています。話題は幼い子供時分の思い出から、将来のビジョンにまでおよびます。本インタビューにより、パテック フィリップが製作するミニット・リピーター搭載タイムピースひとつひとつに対し、ティエリー・スターン社長が、その父、祖父、曾祖父と同じく個人的に貢献していることが理解できます。

本ウェブサイトは、機能の向上と分析、およびお客様に最高の体験をしていただくため、「免責事項」に記載のように、クッキー(cookies)を使用しています。設定を変更せずに本ウェブサイトのご訪問を継続なさることにより、お客様は、本ウェブサイトによるクッキー(cookies)の使用に同意なさったことになります。