イントロダクション

1573M
- 希少なハンドクラフト
手巻

クロワゾネ七宝ドーム・テーブルクロック。 クロワゾネとパイヨネ七宝ドーム・テーブルクロック。パイヨネとは、透明な七宝にさまざまなフォルムに切り抜かれた微細なゴールドの装飾小片を埋め込む技術。クロワゾネ七宝の囲いをつくるのに必要なゴールド・リボンの長さは33.93m(重量: 67.86g)。リモージュ焼、日本の七宝、七宝細密画を組み合わせ、約40種類の釉薬が使われている。各々のパーツは6~7層に重ねて塗り、一層ごとに炉で摂氏800~850度に加熱。クロワゾネ七宝文字盤。ローマ数字は黒七宝。シルバーの文字盤中央は、半透明茶七宝の下にギヨシェ装飾。ユニークピース。 2011年。

TOGGLE

キャリバー

17''' PEND
手巻

バック

17''' PEND
手巻

外径: 38.65 mm。 厚さ: 3.8 mm。 受けの枚数: 8枚。 石数: 20石。 連続駆動可能時間: 最大50時間。 テンプ: チラネジ付。 毎時振動数: 18 000 (2.5 Hz)。 髭ぜんまい: ブレゲ髭ぜんまい。 認定刻印: パテック フィリップ・シール。

技術とノウハウ

希少なハンドクラフト
七宝

七宝は、17世紀以来時計のケースや文字盤の装飾に好んで用いられてきました。今日、七宝装飾を保護育成することにより、パテック フィリップは、この希少な芸術を消滅の危機から救っているといえるでしょう。

本ウェブサイトは、機能の向上と分析、およびお客様に最高の体験をしていただくため、「免責事項」に記載のように、クッキー(cookies)を使用しています。設定を変更せずに本ウェブサイトのご訪問を継続なさることにより、お客様は、本ウェブサイトによるクッキー(cookies)の使用に同意なさったことになります。