イントロダクション

20008M
- 希少なハンドクラフト
手巻

リモージュの七宝ドーム・テーブルクロック。 このユニークピースは、フランスの七宝工芸の首都リモージュの伝統的な七宝技術により装飾されている。 2層の澄んだ下地を塗り、その上に酸化マンガンを含む茶色の釉薬により輪郭、襞、ディテールを描く。次いで乳白色の澄んだ釉薬を何層にも塗り、これを通してモチーフを見せる。衣服と顔に白リモージュと称される白色の釉薬を細い針で施し、ハイライトを与えて完成する。工程中、30回にわたり850度に加熱するが、これにより作品を損傷するリスクは高い。 アワー・サークルに黒七宝のローマ数字。文字盤センターは、地にギヨシェ装飾を施した薄紫色の半透明七宝。 キャリバー17''' PEND手巻ムーブメントを電動モーターにより巻き上げる。高さ213.5 mm。 ユニークピース。 2015年。

TOGGLE

キャリバー

17''' PEND
手巻

バック

17''' PEND
手巻

外径: 38.65 mm。 厚さ: 3.8 mm。 受けの枚数: 8枚。 石数: 20石。 連続駆動可能時間: 最大50時間。 テンプ: チラネジ付。 毎時振動数: 18 000 (2.5 Hz)。 髭ぜんまい: ブレゲ髭ぜんまい。 認定刻印: パテック フィリップ・シール。

技術とノウハウ

希少なハンドクラフト
ギヨシェ装飾

ギヨシェ装飾とは、機械による彫金装飾のひとつです。ギヨシェ職人は、昔からさまざまな種類の手動機械を用いてきました。新しいモチーフを生み出すために、必要に応じ既存の機械に改造を加えることもありました。2つのクランクを同時に回すことによって切削用のバイトを移動させ、金属素材に幾何学的で規則正しい微細な溝を施す、というのが変わらぬ基本原理です。ギヨシェ機械には大きく分けて2種類あります。《直線機械》と《フランケ旋盤》(ロゼット・エンジン)です。

本ウェブサイトは、機能の向上と分析、およびお客様に最高の体験をしていただくため、「免責事項」に記載のように、クッキー(cookies)を使用しています。設定を変更せずに本ウェブサイトのご訪問を継続なさることにより、お客様は、本ウェブサイトによるクッキー(cookies)の使用に同意なさったことになります。