イントロダクション

20054M
- 希少なハンドクラフト

Motifs inspired by ancient Persian porcelain, colors borrowed from Indian culture: two of the most brilliant Eastern civilizations unite on this unique piece in Grand Feu cloisonné enamel。

To trace the outlines of its decor of interlacing arabesques, scrolls and flowers, the enameler used 10.35 m of gold wire (20.7 g) measuring 0.2 x 0.6 mm in cross-section. He then filled in the cells, working with transparent, opaque and opalescent enamels in 33 colors to achieve the refined hues that distinguish this decoration. Each enameled panel called for between 8 and 10 firings at temperatures ranging from 880°C to 920°C. An hour circle adorned with black-enameled Breguet numerals frames a dial center embellished with a stylized flower beneath the leaf-shaped hands。

This piece is powered by the caliber 17’’’ PEND mechanical movement rewound by an electric motor.。

TOGGLE
PREV
NEXT

キャリバー

17''' PEND

バック

17''' PEND

外径: 38.65 mm。 厚さ: 3.8 mm。 受けの枚数: 8枚。 石数: 20石。 連続駆動可能時間: 最大50時間。 テンプ: チラネジ付。 毎時振動数: 18 000 (2.5 Hz)。 髭ぜんまい: ブレゲ髭ぜんまい。 認定刻印: パテック フィリップ・シール。

技術とノウハウ

希少なハンドクラフト
七宝技術

七宝には伝統的に4種類の方法があり、これらを組み合わせて用いることもよくあります。しかし七宝画家が4種類の方法すべてをマスターすることは希です。今日、七宝画家はその多くが女性です。

本ウェブサイトは、機能の向上と分析、およびお客様に最高の体験をしていただくため、「免責事項」に記載のように、クッキー(cookies)を使用しています。設定を変更せずに本ウェブサイトのご訪問を継続なさることにより、お客様は、本ウェブサイトによるクッキー(cookies)の使用に同意なさったことになります。