イントロダクション

20058M
- 希少なハンドクラフト

クロワゾネ七宝装飾のドーム・テーブルクロック。

パテック フィリップは、二十世紀初めの主要な芸術運動キュービズムの最も美しい芸術作品からインスピレーションを得て、このクロワゾネ本七宝により装飾されたユニークピースを創作しました。

きわめてオリジナリティ溢れるこの絵画を構成する多数の複雑な幾何学形状は、全長13.5 m、断面0.15 x 0.6 mmの金線(重量15 g)を用いて描かれています。迸る豊かな色彩は、51色のすべて透明な彩色釉薬を用い、光、コントラスト、グラデーションのデリケートな効果を実現しています。各々の七宝プレートは、9回にわたり炉で約840°Cに加熱されています。黒七宝のブレゲ数字およびブレゲ式時・分針を配したアワーサークルに、透明な青七宝を通して手仕上げの螺旋状ギヨシェ装飾の下地が見える、独自性溢れる文字盤センターが組み合わされています。

電動モーターにより巻き上げる機械式ムーブメント、キャリバー17’’’ PEND。

TOGGLE
PREV
NEXT

キャリバー

17''' PEND

バック

17''' PEND

外径: 38.65 mm。 厚さ: 3.8 mm。 受けの枚数: 8枚。 石数: 20石。 連続駆動可能時間: 最大50時間。 テンプ: チラネジ付。 毎時振動数: 18 000 (2.5 Hz)。 髭ぜんまい: ブレゲ髭ぜんまい。 認定刻印: パテック フィリップ・シール。

技術とノウハウ

希少なハンドクラフト
七宝

七宝は、17世紀以来時計のケースや文字盤の装飾に好んで用いられてきました。今日、七宝装飾を保護育成することにより、パテック フィリップは、この希少な芸術を消滅の危機から救っているといえるでしょう。

本ウェブサイトは、機能の向上と分析、およびお客様に最高の体験をしていただくため、「免責事項」に記載のように、クッキー(cookies)を使用しています。設定を変更せずに本ウェブサイトのご訪問を継続なさることにより、お客様は、本ウェブサイトによるクッキー(cookies)の使用に同意なさったことになります。