イントロダクション

20067M
- 希少なハンドクラフト

七宝細密画を配し、金箔の上にクロワゾネ七宝装飾を施したドーム・テーブルクロック。

クロワゾネ本七宝で装飾されたこのユニークピースは、神話や子供時代のお伽話に登場する狼と幼い狼を描いています。雪におおわれた情景は極北の世界を彷彿させます。

動物、森林、および情景を照らす満月の輪郭には、全長9.3 m(重量18.6 g)、断面0.2 x 0.6 mmの金線が用いられています。ブラウン、ホワイト、濃淡のグレーのみからなる色彩は、12色の透明、不透明の釉薬を使用して再現されています。狼と木の幹のディテールは、七宝細密画により、時間をかけて念入りに描き上げられています。各々の七宝エレメントは、数回(側面パネルは6〜7回、ドームは4回)にわたり炉で820°C〜860°Cに加熱されています。クロワゾネ七宝の文字盤センターは、植字バトン型インデックスを配したホワイト・マザーオブパールのアワーサークルに縁どられています。

電動モーターにより巻き上げる機械式ムーブメント、キャリバー17’’’ PEND。

TOGGLE
PREV
NEXT

キャリバー

17''' PEND

バック

17''' PEND

外径: 38.65 mm。 厚さ: 3.8 mm。 受けの枚数: 8枚。 石数: 20石。 連続駆動可能時間: 最大50時間。 テンプ: チラネジ付。 毎時振動数: 18 000 (2.5 Hz)。 髭ぜんまい: ブレゲ髭ぜんまい。 認定刻印: パテック フィリップ・シール。

技術とノウハウ

希少なハンドクラフト
七宝

七宝は、17世紀以来時計のケースや文字盤の装飾に好んで用いられてきました。今日、七宝装飾を保護育成することにより、パテック フィリップは、この希少な芸術を消滅の危機から救っているといえるでしょう。

本ウェブサイトは、機能の向上と分析、およびお客様に最高の体験をしていただくため、「免責事項」に記載のように、クッキー(cookies)を使用しています。設定を変更せずに本ウェブサイトのご訪問を継続なさることにより、お客様は、本ウェブサイトによるクッキー(cookies)の使用に同意なさったことになります。