ウォッチ

20086M - 希少なハンドクラフト
手巻

パテック フィリップは、インドと東洋の宮殿を飾るきわめて美しい花のアラベスクからインスピレーションを得て、この見事な多色クロワゾネ本七宝のユニークピースを創作しました。 まず断面0.2 x 0.6 mm、全長22.5 mの金線(45.1 g)を使用し、デザインの輪郭を描きます。ベースプレートに固定する前に、金線を手作業で曲げ、微細な曲線や小さな渦巻を形作ります。その後、これらの金線による各々の囲いの中に釉薬を施します。釉薬は透明、不透明、乳白色の19色のパレットからなり、繰り返し焼成することによりガラス化されます。各々の七宝プレートは、890°C〜900°Cの温度で8回〜11回にわたり炉で加熱されています。クロワゾネ七宝の文字盤センターは、黒七宝のローマ数字を配したアワーサークルで囲まれています。 電動モーターにより巻き上げる機械式ムーブメント、キャリバー17’’’ PEND。

クロワゾネ七宝装飾のドーム・テーブルクロック。 Grand Feu cloisonné enamel。 22.5 m of gold wire of 0.2 x 0.6 mm (45.1 g)。 19 transparent, opaque and opalescent enamel colors。 8 – 11 firings at 890°C – 900 °C for each enamel plate。 Hour circle with black enameled Roman numerals。 Dial center in cloisonné enamel。 Leaf-shaped hands。 Diameter: 128 mm。 Height: 213.5 mm。


キャリバー

17''' PEND
手巻

外径: 38.65 mm。 厚さ: 3.8 mm。 受けの枚数: 8枚。 石数: 20石。 連続駆動可能時間: 最大50時間。 テンプ: チラネジ付。 毎時振動数: 18 000 (2.5 Hz)。 髭ぜんまい: ブレゲ髭ぜんまい。 認定刻印: パテック フィリップ・シール。