イントロダクション

4909/102R
- 希少なハンドクラフト
手巻

Twenty~4®ハイジュエリー。 バゲットカット、ペアカット、ブリリアントカット・ダイヤモンドとバゲットカット・サファイヤを全面パヴェ。サファイヤを背景に優雅なダイヤモンドの蝶が舞う姿を描く。ケース、文字盤、ブレスレットに合計約1,596個のダイヤモンド(約20.13カラット): 262個のバゲットカット・ダイヤモンド(約15.74カラット)、34個のペアカット・ダイヤモンド(約1.62カラット)、約1,300個のブリリアントカット・ダイヤモンド(約2.77カラット)、および613個のバゲットカット・サファイヤ(約22.36カラット)。ローズゴールド仕様。 キャリバー16-250。手巻ムーブメント。サファイヤクリスタル・バック。3気圧防水。ユニークピース。 2011年。

TOGGLE

キャリバー

16-250
手巻

Patek Philippe キャリバー 16-250 - フロント
フロント バック

16-250
手巻

厚さ: 2.5 mm。 受けの枚数: 4枚。 石数: 18石。 テンプ: 環型。 毎時振動数: 28 800 (4 Hz)。 認定刻印: パテック フィリップ・シール。

技術とノウハウ

最小のディテールへの配慮
ジェム・セッティング

パテック フィリップ・タイムピースのケースやブレスレットには、パテック フィリップ・シールの厳格な認定規準に準拠した、最高品質の貴石(ダイヤモンド、ルビー、サファイヤ、エメラルド)のみが用いられています。色彩はグレードD~G、透明度は内包物なし(グレードIF)、カットも最高グレードのもののみを採用しています。完璧なカットは、精密で均一なセッティングを行なうためにも欠かせません。パテック フィリップでは、貴石を正統的なセッティング技術によりセッティングし、決して接着剤などは用いません。各々の貴石は、あらかじめ施されたくぼみ(ミトライアージュ)に配置し、まわりの金属(通常はゴールド)を盛り上がらせ、盛り上がった金属を寄せて固定します。インビジブル・セッティングは、石の下部に水平の細い溝が施され、表からは見えない金属素材のレール状の部分がこの溝にはまって石を固定します。貴石は鉛直に、軸を揃え、テーブル面が同じ高さで、しかもしっかりと確実に固定されます。適正なプロポーション、非の打ち所のないシンメトリー、完璧なファセット仕上げのみが最大の輝きを与えるのです。

本ウェブサイトは、機能の向上と分析、およびお客様に最高の体験をしていただくため、「免責事項」に記載のように、クッキー(cookies)を使用しています。設定を変更せずに本ウェブサイトのご訪問を継続なさることにより、お客様は、本ウェブサイトによるクッキー(cookies)の使用に同意なさったことになります。