イントロダクション

5089G
- 希少なハンドクラフト
自動巻ムーブメント

木象嵌の文字盤を備えるカラトラバ腕時計。

このカラトラバ腕時計の限定製作モデルは、時計製作と並んで有名な、スイス・アルプスの雄大で美しい風景へのオマージュです。

ここでパテック フィリップは、極小の木象嵌というきわめて洗練されたテクニックを用いています。木象嵌は、微小なパーツを木から切り出して組み合わせ、これをゴールドの文字盤プレート上に接着します。この微細な山岳風景の細かなディテールを再現するため、色合い、肌理、木目の異なる27種類の木(ホリー、ポプラ、栗、梨、さまざまな種類のカエデとバール)からつくられた222個のパーツ(うち40個のインレイ)を組み合わせています。

ホワイトゴールドのケースはヒンジ付カバーで保護されたサファイヤクリスタル・バックを備え、これを通して超薄型自動巻ムーブメント、キャリバー240を鑑賞することができます。

TOGGLE
PREV
NEXT

キャリバー

240
自動巻ムーブメント

Patek Philippe キャリバー 240 - フロント
フロント バック

240
自動巻ムーブメント

外径: 27.5 mm。 厚さ: 2.53 mm。 部品総数: 161個。 受けの枚数: 6枚。 石数: 27石。 連続駆動可能時間: 最小48時間。 22金偏心マイクロローター。 テンプ: ジャイロマックス。 毎時振動数: 21 600 (3 Hz)。 Spiromax®。 認定刻印: パテック フィリップ・シール。 技術特許: CH 595 653。

技術とノウハウ

希少なハンドクラフト
木象嵌

細密な木象嵌(もくぞうがん)は、きわめて巧妙で綿密な、忍耐と正確さを必要とする芸術です。紙のように薄い突板(つきいた)から微細なパーツを切り抜く際には、完成した作品において各々のパーツが占める位置やその意味合いを考え、木目を決定しなければならないのです。

本ウェブサイトは、機能の向上と分析、およびお客様に最高の体験をしていただくため、「免責事項」に記載のように、クッキー(cookies)を使用しています。設定を変更せずに本ウェブサイトのご訪問を継続なさることにより、お客様は、本ウェブサイトによるクッキー(cookies)の使用に同意なさったことになります。