イントロダクション

5089G
- 希少なハンドクラフト
自動巻ムーブメント

金箔または銀箔で彩られたクロワゾネ七宝の文字盤を備える3点のカラトラバ時計のセット。

19世紀および20世紀の鉄道叙事詩において最も伝説的な3台の蒸気機関車たちが、クロワゾネ本七宝で装飾されたこの限定モデルの文字盤上に、もくもくと出る煙を誇示します。

車体、煙突、車輪、および最小の技術的ディテールの輪郭を描くために、文字盤に応じ、全長75〜90 cm、断面0.07 x 0.4 mmの金線(0.37〜0.45 g)を手作業で成形します。機関車の迫力ある大きさと金属の反射を描写するために、8〜27色の透明、不透明、乳白色の釉薬のパレットが用いられています。また七宝に銀箔や金箔を埋め込むことにより、特別な輝きを生み出しています。各々の文字盤は、800°C〜850°Cの温度で8回〜11回にわたり炉で加熱されています。

ホワイトゴールド・ケースはヒンジ付のダストカバーで保護されたサファイヤクリスタル・バックを備え、これを通して超薄型自動巻ムーブメント、キャリバー240の内部を鑑賞することができます。

TOGGLE
PREV
NEXT

キャリバー

240
自動巻ムーブメント

Patek Philippe キャリバー 240 - フロント
フロント バック

240
自動巻ムーブメント

外径: 27.5 mm。 厚さ: 2.53 mm。 部品総数: 161個。 受けの枚数: 6枚。 石数: 27石。 連続駆動可能時間: 最小48時間。 22金偏心マイクロローター。 テンプ: ジャイロマックス。 毎時振動数: 21 600 (3 Hz)。 Spiromax®。 認定刻印: パテック フィリップ・シール。 技術特許: CH 595 653。

技術とノウハウ

希少なハンドクラフト
七宝

七宝は、17世紀以来時計のケースや文字盤の装飾に好んで用いられてきました。今日、七宝装飾を保護育成することにより、パテック フィリップは、この希少な芸術を消滅の危機から救っているといえるでしょう。

本ウェブサイトは、機能の向上と分析、およびお客様に最高の体験をしていただくため、「免責事項」に記載のように、クッキー(cookies)を使用しています。設定を変更せずに本ウェブサイトのご訪問を継続なさることにより、お客様は、本ウェブサイトによるクッキー(cookies)の使用に同意なさったことになります。