ウォッチ

5538G - 希少なハンドクラフト
手巻

ジュネーブの昔の景色からインスピレーションを得た、本七宝による細密画で装飾された5点の腕時計は、それぞれがユニークピースです。 著名な風景には、サンピエール寺院、パテック フィリップの歴史的本社のあるグラン河岸などがあり、16世紀にポルトガルとスペインで最初に登場した、著名な青と白のセラミックタイル細工であるアズレージョを連想させるスタイルで描かれています。タイルの立体感さえも再現するこのユニークなだまし絵を製作するには、各々の絵をモノクロームで描き、白七宝の地の上に青い酸化金属を含む一連の釉薬を用いて、微細なタッチでモチーフを構築します。各々の文字盤は、800°C〜820°Cの温度で10から15回、炉で加熱されています。七宝工程には合計100時間が必要でした。 ホワイトゴールド・ケースには、ミニット・リピーターとトゥールビヨンを備えた手巻ムーブメント、キャリバーR TO 27 PSが搭載されています。時計には、サファイヤクリスタル・バックとソリッド・ホワイトゴールド仕様の通常のケースバックが共に付属しています。

ジュネーブの昔の風景。 七宝細密画の文字盤を備える5点のミニット・リピーター・トゥールビヨン腕時計のセット。 Grand Feu miniature painting on enamel。 Blue oxides on a ground of white enamel。 Patek Philippe logo hand-painted in enamel。 10 – 15 firings at 800°C – 820°C。 White gold dial plate。 White-gold pear-shaped hands。 ケース径:37 mm。 厚さ:11.36 mm。 ホワイトゴールド仕様。 サファイヤクリスタル・バックと通常のケースバックが共に付属。 Alligator with square scales, hand-stitched, shiny black。 折り畳み式バックル。


キャリバー

R TO 27
手巻

通常のゴングを備えたミニット・リピーター。 トゥールビヨン。 ゴールドの3番車。 遠心ガバナー。 外径: 28 mm。 厚さ: 6.58 mm。 部品総数: 336個。 受けの枚数: 12枚。 石数: 28石。 連続駆動可能時間: 最小40時間、最大48時間。 テンプ: ジャイロマックス。 毎時振動数: 21 600 (3 Hz)。 髭ぜんまい: ブレゲ髭ぜんまい。 認定刻印: パテック フィリップ・シール。