イントロダクション

992/127J
- 希少なハンドクラフト
手巻

A work by the Austrian painter Friedrich Gauermann (1807–1862) inspired the Grand Feu miniature painting on enamel adorning the back of this unique piece. Glowing beneath a finish of transparent flux particular to the Geneva technique, the miniature depicts a pastoral scene on the shores of the Königssee in the Bavarian Alps。

The artist built up his picture in small deft touches on a ground of opaque white enamel, using 18 enamel colors made of finely crushed metallic oxides mixed with rare oils. This delicate procedure, requiring exceptional skill, sometimes called for the use of a brush composed of a single hair. It included 35 firings at temperatures ranging from 800°C to 830°C, each of which could have ruined all the work up to that point. The dial, in white enamel over yellow gold, is adorned with yellow-gold applied Breguet numerals. A pale-green tourmaline cabochon (0.35 ct) decorates the crown。

This pocket watch is accompanied by a handcrafted yellow-gold stand on a grey-veined white marble base。

It houses the caliber 17’’’ LEP PS manually wound movement with small seconds。

TOGGLE
PREV
NEXT

キャリバー

17''' LEP PS
手巻

Patek Philippe キャリバー 17''' LEP PS - フロント
フロント バック

17''' LEP PS
手巻

外径: 38.65 mm。 厚さ: 3.8 mm。 部品総数: 137個。 受けの枚数: 7枚。 石数: 18石。 連続駆動可能時間: 最小50時間。 テンプ: チラネジ付。 毎時振動数: 18 000 (2.5 Hz)。 髭ぜんまい: ブレゲ式。

技術とノウハウ

希少なハンドクラフト
七宝

七宝は、17世紀以来時計のケースや文字盤の装飾に好んで用いられてきました。今日、七宝装飾を保護育成することにより、パテック フィリップは、この希少な芸術を消滅の危機から救っているといえるでしょう。

本ウェブサイトは、機能の向上と分析、およびお客様に最高の体験をしていただくため、「免責事項」に記載のように、クッキー(cookies)を使用しています。設定を変更せずに本ウェブサイトのご訪問を継続なさることにより、お客様は、本ウェブサイトによるクッキー(cookies)の使用に同意なさったことになります。