イントロダクション

992/127J
- 希少なハンドクラフト
手巻

ケースバックに七宝細密画を施した懐中時計。

このユニークピースのケースバックに施され、ジュネーブ発祥のフォンダンで仕上げられた本七宝による七宝細密画は、オーストリアの画家フリードリッヒ・ガウアーマン(1807 ~ 1862 年)による、バイエルン・アルプスのケーニヒス湖畔の田園風景を描いた絵画からインスピレーションを得ています。

18 色の釉薬を使用し、不透明な白七宝による下地の上に、デリケートなタッチで少しずつモチーフを描いていきます。釉薬は、微量の酸化金属を含んだガラスを微細な粉末状に砕き、これを希少な油に混ぜたものです。綿密で高度な七宝細密画の創作は、時にはただ 1本の毛を筆として用いて行われ、35 回にわたり炉で 800°C ~ 830°C に加熱されますが、毎回、これまでの作業をすべて無駄にしてしまう危険が常に伴います。イエローゴールドのプレートに白七宝を施した文字盤は、イエローゴールドの植字ブレゲ数字を配しています。リュウズには薄緑色のカボションカット・トルマリン(0.35 カラット)がセッティングされています。

この懐中時計には手づくりのイエローゴールド製スタンドが付属しています。ベースは、グレーの脈入り白大理石からできています。

スモールセコンド付手巻ムーブメント、キャリバー 17’’’ LEP PS。

TOGGLE
PREV
NEXT

キャリバー

17''' LEP PS
手巻

Patek Philippe キャリバー 17''' LEP PS - フロント
フロント バック

17''' LEP PS
手巻

外径: 38.65 mm。 厚さ: 3.8 mm。 部品総数: 137個。 受けの枚数: 7枚。 石数: 18石。 連続駆動可能時間: 最小50時間。 テンプ: チラネジ付。 毎時振動数: 18 000 (2.5 Hz)。 髭ぜんまい: ブレゲ式。

技術とノウハウ

希少なハンドクラフト
七宝

七宝は、17世紀以来時計のケースや文字盤の装飾に好んで用いられてきました。今日、七宝装飾を保護育成することにより、パテック フィリップは、この希少な芸術を消滅の危機から救っているといえるでしょう。

本ウェブサイトは、機能の向上と分析、およびお客様に最高の体験をしていただくため、「免責事項」に記載のように、クッキー(cookies)を使用しています。設定を変更せずに本ウェブサイトのご訪問を継続なさることにより、お客様は、本ウェブサイトによるクッキー(cookies)の使用に同意なさったことになります。