イントロダクション

992/139J
- 希少なハンドクラフト
手巻

Celebrating the beauty of the Swiss Alps, this unique piece in yellow gold depicts two roped climbers heading for the snowy peaks。

To give this little mountain scene its detail and finesse, the marquetrymaker cut out and assembled 222 pieces of veneer (including 32 for the Alpinists alone) and 40 inlays, chosen from 27 woods of different textures, veining and colors. The bezel, the hands, the bow and the border of the case back are hand-engraved in a pattern resembling mountaineering rope, a decoration that required more than one hundred hours of engraving. The dial, in white enamel over yellow gold, is adorned with yellow-gold applied Breguet numerals. A sky blue sapphire cabochon (0.37 ct)。

This pocket watch is accompanied by a yellow-gold chain embellished with a handcrafted pendant bearing a compass motif。

It houses the caliber 17’’’ LEP PS manually wound movement with small seconds。

TOGGLE
PREV
NEXT

キャリバー

17''' LEP PS
手巻

Patek Philippe キャリバー 17''' LEP PS - フロント
フロント バック

17''' LEP PS
手巻

外径: 38.65 mm。 厚さ: 3.8 mm。 部品総数: 137個。 受けの枚数: 7枚。 石数: 18石。 連続駆動可能時間: 最小50時間。 テンプ: チラネジ付。 毎時振動数: 18 000 (2.5 Hz)。 髭ぜんまい: ブレゲ式。

技術とノウハウ

希少なハンドクラフト
彫金

彫金家が最初に手にする道具、それは鉛筆です。もちろんわれわれが最初に思いつくのは鏨(たがね)でしょう。彫金家の工房を訪れたことのある人なら、作業机の上に所狭しと並べられた、多種多様な鏨の数の多さに驚くはずです。鏨は彫金家にとって手の延長であり、それは作家にとっての万年筆なのです。尖ったもの、四角いもの、丸いものと形はさまざまですが、いずれも鋭く研ぎすまされた鏨が金属素材に食い込み、微量の金属を削り取り、直線や曲線の、さまざまな深さの線を刻んでいきます。

本ウェブサイトは、機能の向上と分析、およびお客様に最高の体験をしていただくため、「免責事項」に記載のように、クッキー(cookies)を使用しています。設定を変更せずに本ウェブサイトのご訪問を継続なさることにより、お客様は、本ウェブサイトによるクッキー(cookies)の使用に同意なさったことになります。