21.06.2018

《クラフトマンシップと精度》 / 2018年コンクール

パテック フィリップ:《クラフトマンシップと精度》コンクール:ジュネーブのマニュファクチュール パテック フィリップは、時計製作の才能を競うコンペティションの第9回を挙行しました。

2018年4月19、20日の両日、スイス州立時計学校6校の学生18名がパテック フィリップ《クラフトマンシップと精度》コンクールの第9回コンペティションに参加しました。

授賞式は2018年5月26日、パテック フィリップ・ミュージアムで行われました。授賞式にはパテック フィリップ社長ティエリー・スターン、審査委員会委員長カルロス・ドス・サントス、ヒューマンリソース部長ダニエル・ロシャ、時計製作部長ロラン・モレス、トレーニング・センター部長ジェレミー・アネンの各氏が出席しました。

第9回《クラフトマンシップと精度》コンクールにおいて、マニュファクチュール パテック フィリップは、スイス時計学校6校とのパートナーシップへのコミットメントをいま一度表明しました。このコンクールは、2008年11月のイニシアチブに基づくものです。

その目的は、マニュファクチュールと時計学校のパートナーシップを強化し、将来のプロフェッショナルへのトレーニングを行い、精度調整と時間計測におけるパテック フィリップの遺産と技術・ノウハウを広く知らせることです。

才能ある若者に機会を与える

コンクールは、その名が示すようにパテック フィリップの基本的な価値である《クラフトマンシップと精度》をテーマとしています。これらの価値はマニュファクチュールにおける作業の原則と品質の概念を反映しており、パテック フィリップ・シール認定規準によって規定されています。

コンクールは生徒たちにトレーニングのゴールを達成する意欲を与え、彼らの専門的な適性に対する客観的な評価を与えます。コンクールは、すべての参加者に平等な条件を創り出します。

過去同様、コンクールの意図は、工芸的技量の重要さを生徒たちに認識させ、最も将来性と才能のある人材を発見することにあります。《工芸的技量》とは、手仕上げと精度調整における信頼性と精度に他なりません。

コンクールの教育的目標は、マニュファクチュールのスタッフによる貴重なノウハウと専門技術によりサポートされます。これらは、参加者たちに、パテック フィリップ・シールのきわめて厳格な認定規準に準拠した機械式ムーブメントを取り扱う希少な機会を提供します。生徒たちは、高級時計製作のエクスクルーシブな世界を垣間見る機会を与えられるのです。

その他のトピック

本ウェブサイトは、機能の向上と分析、およびお客様に最高の体験をしていただくため、「免責事項」に記載のように、クッキー(cookies)を使用しています。設定を変更せずに本ウェブサイトのご訪問を継続なさることにより、お客様は、本ウェブサイトによるクッキー(cookies)の使用に同意なさったことになります。