イントロダクション

5370P
- グランド・コンプリケーション
手巻

時計製作マスターにとってスプリット秒針クロノグラフ機構の製作は、トゥールビヨン、ミニット・リピーターと並び、最も難しい仕事のひとつです。スプリット秒針クロノグラフはクロノグラフ秒針に加え、スプリット秒針を備えており、きわめて高度な機構によりプッシュボタンを押してこれを一時停止させ、中間タイムを測定することができます。もちろんこの間、クロノグラフ針は停止することなく、正確に計測を続けて行きます。このプッシュボタンをもう一度押すと、スプリット秒針は停止していた時間を取り戻してクロノグラフ秒針に追いつき、2本の秒針は重なり合って時間計測を続けます。


手巻ムーブメント。 キャリバー CHR 29-535 PS。 スプリット秒針クロノグラフ。 瞬時運針式30分計。 スモールセコンド。 タキメーター目盛。 本黒七宝文字盤、ゴールド植字ブレゲ数字。 18金ゴールド文字盤。 ラージ・スクエアのハンドステッチ・アリゲーター・バンド、カラーはブリリアント・ブラック、折り畳み式バックル。 プラチナ仕様。 サファイヤクリスタル・バックと通常のケースバックが共に付属。 3気圧防水。 ケース径: 41 mm。 厚さ: 13.56 mm。

価格:

これはあなたのウィッシュリストに追加されました

キャリバー

CHR 29-535 PS
手巻

Patek Philippe キャリバー CHR 29-535 PS - フロント
フロント バック

CHR 29-535 PS
手巻

スプリット秒針クロノグラフ。 瞬時運針式30分計。 スモールセコンド。 外径: 29.6 mm。 厚さ: 7.1 mm。 部品総数: 312個。 石数: 34石。 連続駆動可能時間: 最小55時間、最大65時間(クロノグラフ非作動時)。 テンプ: ジャイロマックス。 毎時振動数: 28 800 (4 Hz)。 髭ぜんまい: ブレゲ式。 認定刻印: パテック フィリップ・シール。

技術とノウハウ

最小のディテールへの配慮
手仕上げとは?

パテック フィリップのタイムピースの機能と造形美を向上させ、その美しさと精度を長年にわたり保証するために施される、多岐にわたる精緻でデリケートな装飾と仕上げをいいます。

プレスリリース

パテックフィリップ・スプリット秒針クロノグラフ5370モデル

クロノグラフ計測を中断せずに中間タイムを測定することができるスプリット秒針クロノグラフは、常にパテックフィリップの最も得意とする分野のひとつであり、また最も追い求められるコンプリケーション機能のひとつである。1920年代に発表されたパテックフィリップ最初の腕時計クロノグラフは、スプリット秒針を搭載したものであった。パテックフィリップの新しいスプリット秒針クロノグラフ5370モデルは、愛好家、コレクターたちが正に待ち望んでいたタイムピースだといえよう。高度なメカニズムを覆う本黒七宝の文字盤の存在が、このモデルにさらなる魅力を加えている。

本ウェブサイトは、機能の向上と分析、およびお客様に最高の体験をしていただくため、「免責事項」に記載のように、クッキー(cookies)を使用しています。設定を変更せずに本ウェブサイトのご訪問を継続なさることにより、お客様は、本ウェブサイトによるクッキー(cookies)の使用に同意なさったことになります。