2章

キャリバーGS 36-750 PS IRMを探索する

ニューモデルに所期のグランドソヌリを実装するため、パテック フィリップはグランドマスター・チャイムのキャリバー300のスピンオフとして新たにムーブメントを開発しました。703個の部品から構成される新しいキャリバーGS 36-750 PS IRMは、古典的な3ゴングによるチャイム機構を搭載し、3件の技術特許で保護された6つのコンプリケーション機能を備えています。

輝かしいムーブメントの詳細を探索してください。

小型化と完璧な音響の傑作

グランドソヌリは、正時と15分、30分、45分に、時とクオーター(15分)の数を自動的に音で知らせる機能です。これに加えプティットソヌリ(15分、30分、45分には時は鳴らない)、ミニット・リピーター(オンデマンドで現在の時刻を分まで知らせる)、および特許取得のジャンピング・セコンドも搭載しています。

グランドソヌリの設計者にとって最大の困難のひとつは、エネルギーのフローとパワーリザーブを最適化することです。グランドソヌリには、チャイムを均一な音響品質で必要回数、自動的に鳴らすのに十分なパワーリザーブが必要です。

きわめて洗練されたムーブメント・アーキテクチャー

ニューモデルに所期のグランドソヌリを実装するため、パテック フィリップはグランドマスター・チャイムのキャリバー300のスピンオフとして新たなムーブメント、キャリバーGS 36-750 PS IRMを開発しました。

新しいキャリバーは、703個の部品数と95個の石数を考えると、このように複雑な機構としてはきわめてコンパクトです(直径37 mm、厚さ7.5 mm)。

3ゴングによるチャイム機構

チャイム機構は、古典的な3ゴング(低、中、高音)で構成されています。この技術オプションは、2つのゴングを備えたシステムよりも多くのエネルギーを必要とします。

また、各々のゴングを調整する際の作業は、3つのゴングすべてが愛好家に切望される伝説的な《パテック フィリップ・サウンド》を達成しなければならないため、より複雑となります。

6つのコンプリケーション機能、3件の技術特許

グランドソヌリ6301Pモデルの6つのコンプリケーション機能:グランドソヌリ、プティットソヌリ、ミニット・リピーター、ムーブメント・パワーリザーブ表示、チャイム機構パワーリザーブ表示、ジャンピング・セコンド。

キャリバーGS 36-750 PS IRMの3件の技術特許:サイレント・モードにおけるグランドソヌリの隔離、チャイム・モードの選択、歯車によるジャンピング・セコンド。

パテック フィリップ・サウンド・セクションからの通知に登録

本ウェブサイトは、機能の向上と分析、およびお客様に最高の体験をしていただくため、「免責事項」に記載のように、クッキー(cookies)を使用しています。設定を変更せずに本ウェブサイトのご訪問を継続なさることにより、お客様は、本ウェブサイトによるクッキー(cookies)の使用に同意なさったことになります。