パテック フィリップ・サロン:ジュネーブ

ジュネーブ・サロンは、3つのサロン中、最も長い歴史を持っています。1853年、事業の発展と共により広いスペースが必要となったため、パテック フィリップは、ローヌ通りにあった建物の2つのフロアを賃借し、ここに本社を移しました。当初は15年の賃借契約でしたが、この建物は以後160年以上にわたってパテック フィリップの本店であり続け、ジュネーブと切り離すことのできない重要な要素となるに至りました。

歴史的に本社兼工房であったこのローヌ通りの建物は、今日、顧客のために開放されています。《サロン》と略称され、パテック フィリップの魂が宿る《ホーム》として親しまれています。十九世紀を通じてパテック フィリップは建物を一階ずつ購入していき、1891年には全体を買い取りました。それを機会に建物の全面改築が決定され、著名な設計家ジャック・エリゼ‐ゴスを起用して設計に当たらせ、ここに華麗でクラシックなスタイルのまったく新たな建物が誕生したのです。

エリゼ‐ゴスの大胆な才能が真に発揮されたのは、革新的な内部設計においてであるといえるでしょう。揺籃期の産業技術の信奉者であった彼は、建物の地下に当時としては革命的な、強力な水力自家発電装置を設置し、全室に電気照明と電動工作機械を稼動するエネルギーを供給したのです。

エリゼ‐ゴスの設計により、労働条件は劇的な改善を見ました。衛生面や技術面での環境改善により、職人たちは、他のどの工房とも比較できないほど高品質の仕事を遂行できるようになりました。彼の決定打は、建物全体を暖房し、各部屋の温度を個別に調節できる、当時としてはほとんど想像できないほど贅沢なセントラルヒーティング・システムを地下に設置したことでしょう。

サロンに入ったら、パテック フィリップのすべての現行コレクションを展示した華麗なショーウィンドウがお客様を迎えるべきだ、というフィリップ・スターン氏の信念の下、2004年から2006年にかけて最終的な全面改築が行われました。上層階には長年、時計製作に必要な多数の職能を一堂に集めていたのですから、この建物全体に時計製作技術への情熱と知識が溢れていると言っても過言ではないでしょう。

パテック フィリップ・サロン:ジュネーブ

ベルエポック様式の歴史的サロン、1階から2階へ続くコレクション・ショールームは、安らぎと快適さに溢れています。壁は、表面にコルドバ革の張られた滑らかなダークウッドで覆われています。歴史的サロンは、ヴェルサイユ宮殿やロンドンのリッツの照明を手がけたパリのバゲスによるオリジナルの重厚なシャンデリアによって装飾されています。モダンなコレクション・ショールームには、バゲスが新たに創作したカスケード・シャンデリアが、バックライトで照明された純白の壁にきらめく光を投げています。ティファニー社が1876年にジュネーブを去った時、パテック フィリップが譲り受けた2つの著名な金庫が、古き良き時代を偲ばせます。

この豪華な、くつろげる静かな環境は、静かな親密さと歓待を感じさせます。訪れ、時を過ごし、快い体験をする場所といえるでしょう。

所在地

Salons Patek Philippe

41, rue du Rhône

1204 Geneva

Switzerland

Tel.: +41 22 809 50 50

Fax.: +41 22 809 50 60

方角 (グーグルマップによる)

開店時間:
月曜日~金曜日    
午前10時~午後6時30分
土曜日    午前10時~午後6時

祝祭日:

3月30日(金曜日)

4月2日(月曜日)

5月10日(木曜日)

5月21日(月曜日)

8月1日(水曜日)

9月6日(木曜日)

12月25日(火曜日)、26日(水曜日)

2019年1月1日(火曜日)、2日(水曜日)

パテック フィリップ・サロン:パリ

パリは、1884年、アントワーヌ・ノルベール・ド・パテックがジャン・アドリアン・フィリップと出逢い、そこから歴史が生まれた街であるという意味から、パテック フィリップにとって特別の重要性を持っています。しかしフィリップ・スターン氏がジュネーブ以外の最初のサロンを開設することを決定したのは、1986年のことでした。当初はモンテーニュ通りという、プレステージ溢れる、しかし主としてオートクチュールの集まる地域に位置していました。

1995年、サロンは、現在の所在地であるヴァンドーム広場に移転しました。世界有数のラグジュアリーな広場であるだけでなく、宝飾と高級時計に捧げられたエリアの中心という意味で、理想的な立地条件を備えています。2009年9月、パリ・サロンは洗練され、彫刻で飾られ、新しく改装されたその姿を現しました。パテック フィリップはこのイベントを記念し、これまでの前例を破り、初の婦人用クロノグラフをこの機会に発表しました。それまで、パテックフィリップのニューモデルは、常にスイスで発表されるのが習わしだったのです。

パリ・サロンはジュネーブ・サロンに見られる印象的なエレガンスを持っています。世界的に有名な広場の一角を占める建物の、窓の並ぶファサードは控え目で、その印象は大使館に近いものがあります。しかし一歩中に入ると、そこは宝石箱の中のようです。見事にデザインされた家具調度と壁は、アール・デコ最盛期のオリエント急行に見られた客車の豪華な内部装飾を思わせます。テーブルランプからは温かくソフトな光が溢れ、豪華なシャンデリアの照明が部屋を満たし、格式を重んじる精神がそこはかとなく感じられます。

パテック フィリップ・サロン:パリ

中二階へ行く階段の様式化され、カーブした錬鉄は、時を超越した雰囲気を強調しています。このアール・デコ風インテリアの魅力的で特異な雰囲気は、フランス美術史への言及によって訪問客を楽しませ、ファサードのほとんどが歴史的建造物に指定されているヴァンドーム広場のアーキテクチャーとの一貫性を生み出しています。しかし何より、息子のために時計を購入する父、愛用のTwenty~4®のアフターサービスのために立ち寄るシックな婦人など、誰もが温かく歓待される雰囲気がここにはあります。

所在地

Patek Philippe Salons

10, place Vendôme

75001 Paris

France

Tel.: +33 1 42 44 17 77

Fax.: +33 1 42 44 17 87

方角 (グーグルマップによる)

開店時間:
月曜日~金曜日    
午前10時30分~午後6時30分
土曜日    午前11時~午後12時30分、
午後2時~午後6時30分

祝祭日:

4月2日(月曜日)

5月1日(火曜日)

5月8日(火曜日)

5月9日水曜日

5月10日(木曜日)

5月21日(月曜日)

7月14日(土曜日)

8月15日(火曜日)

11月1日(木曜日)

12月25日(火曜日)

パテック フィリップ・サロン:ロンドン

今日ロンドンは、世界の十字路として伝統とコンテンポラリーが競合する活気に溢れた都市に変貌しました。それを象徴するかのように、ロンドンのパテック フィリップ・サロンは、ボンド・ストリート中央部の交差点に位置しています。観光客や買い物客の集まる活気に溢れたこの通りはまた、洗練された趣味人にとっても必ず立ち寄るべき場所となっています。

ロンドン・サロンは長年の間、床面積わずか85平方メートルの小さな店舗でしたが2014年、スターン家がニュー・ボンド・ストリート16番地を購入することができたため、増築が可能となり、ほぼ400平方メートル(2フロア)に拡張されました。サロンは、道路が交差する角地に位置するため、窓が2方向にあるという幸運に恵まれ、内部は潤沢な自然光に恵まれています。内部装飾はやはりアール・デコ風ですが、コンテンポラリーな解釈を加えている点が特徴です。

ここでは、外部の喧噪から離れて心と魂を伸び伸びさせることができ、リラックスしてタイムピースを手に取ることができます。上からは、現代的な特製のシャンデリアが、スターン家が厳選した、フランス産を主とするアートワークを含めたすべてのものの上に優しく明るい光を投げています。自然な色彩は、明るいクリーム色からブロンズを主体とし、壁面を覆う、模様の入った明るい色の革など、ジュネーブ・サロンを彷彿させる巧みなディテールを備えています。

しかし最も重要なのは、展示された希少で精密な時計の創作工程です。ロンドン・サロンでは、アフターサービス部門にウィンドウが設けられています。お客様は、時計師が、自身の購入したものかも知れない時計に作業を行う様子を見学することができるのです。作業は、ジュネーブで時計を製作する時と同じ器械を使用して行われます。これは、パテックフィリップの魂を垣間見ることのできる、スリリングな瞬間です。

パテック フィリップ・サロン:ロンドン

ごく内密なご相談のためには、別のエリアが用意されています。すべてのお客様はVIPですから、このエリアはVIPルームとは呼ばれていませんが、パテック フィリップでは、特別なタイムピースという意味で《セレスティアル・ルーム》と名づけています。

ロンドン・サロンの創設にあたっては、ジュネーブ、パリと同様、すべてに関し、フィリップ・スターン名誉会長とゲルディ夫人が監督を行いました。夫妻にとってサロンは自宅のリビングルームの延長であり、お客様を自宅で歓待することに他なりません。ですからお客様はいつも笑顔で迎えられ、コーヒー、一杯の水、または極上のアールグレイ・ティーを薦められるのです。急ぐ必要はありません。お客様はリラックスしてスターであるタイムピースに集中することができます。

所在地

Patek Philippe Salons

16 New Bond Street

London W1S 3SU

United Kingdom

Tel.: +44 207 493 88 66

方角 (グーグルマップによる)

開店時間:
月曜日~土曜日 午前10時~午後6時

祝祭日:

3月30日(金曜日)

3月31日土曜日

4月2日(月曜日)

4月20日金曜日

5月7日(月曜日)

5月28日(月曜日)

8月27日(月曜日)

12月25日(火曜日)

12月26日(水曜日)

本ウェブサイトは、機能の向上と分析、およびお客様に最高の体験をしていただくため、「免責事項」に記載のように、クッキー(cookies)を使用しています。設定を変更せずに本ウェブサイトのご訪問を継続なさることにより、お客様は、本ウェブサイトによるクッキー(cookies)の使用に同意なさったことになります。