時というもの

マニュファクチュール パテック フィリップの活動と製品を紹介し、1839年創業から今日までの輝かしい歴史を跡づける数々のエピソードが定期的にアップされます。

モダン・ヴィンテージ・スタイル

2022年、パテック フィリップは年次カレンダーとトラベルタイム機能を組み合わせた重要な技術的壮挙である、新しい5326Gモデルを発表し、有用なコンプリケーションのコレクションをさらに充実させました。これと共に、カラトラバ・コレクションの最新作であり、ひとまわり小さな5226Gモデルも発表されました。どちらのタイムピースも、マニュファクチュール パテック フィリップによる卓越性の追求を完璧に体現しており、ケース側面に《クルー・ド・パリ》(ホブネイル・パターン)装飾を施した新しいカラトラバ・ケースと、アンティークなカメラの外装を彷彿させる質感の文字盤が特徴です。

#PatekTime #PatekPhilippeCalatrava

卓越したタイムピース

今日の最も驚異的な時計コレクションのひとつ、パテック フィリップ・ミュージアムには、5世紀にわたる時計製作の遺産を展示しています。ここには時計の世界における広範な偉業と傑作が紹介されており、その一部をここで紹介できることを誇りに思います。

#PatekTime #PatekPhilippeMuseum

時を超越したスタイルと本質

婦人用タイムピースは、その歴史を通じて、魅力的なフォルム、繊細なデザイン、見事な装飾によりドレスを引き立てる役割を果たしてきましたが、これらの作品に真の意味を与えるのは、高度な時計製作技術を微小な空間に収めるために要求される、先駆的な創意工夫でした。1845年に特許を取得した、ジャン・アドリアン・フィリップの革新的な鍵なし竜頭巻き上げ・時刻合わせシステムを備えた時計は、1851年にロンドンで開催された万国博覧会でヴィクトリア女王に贈られました。

#PatekTime

時を巡る旅

パテック フィリップは、1930年代初頭にジュネーブの時計製作者ルイ・コティエによって開発された技術をベースとし、コティエの協力の下、独自のワールドタイム機構を創作し、1939年、1415モデルを発表しました。これが当社最初のワールドタイム腕時計《Heure Universelle》です。

#PatekTime #PatekWorldTime #PatekTravelTime

職人技へのトリビュート

職人技へのトリビュート

希少なハンドクラフト2022年コレクションの多彩なトピックに加え、パテック フィリップの本社所在地ジュネーブに直接関連するいくつかのオブジェをご紹介しましょう。ジュネーブの偉大な伝統の正統な後継者および保護者として、パテック フィリップは常にクラフトマンシップに大きな重点を置いてきました。

#PatekTime #RareHandcrafts

新しい12の不思議

パテック フィリップは、年に1度のみカレンダー調整が必要な特許取得の年次カレンダーと、第2タイムゾーンを表示するトラベルタイムを初めて統合しました。

#PatekTime

ブルーのバリエーション

パテック フィリップにおける最も象徴的なモデルのひとつであり、常に変らぬブルーの文字盤を配したゴールデン・エリプスは、現行コレクション中、最も著名なタイムピースのひとつとなっています。ゴールデン・エリプスは、18金ブルーゴールドから製作された独自性溢れるブルーの文字盤により、マニュファクチュール パテック フィリップの遺産と技術・ノウハウを体現するモデルとなっています。

#PatekTime

先駆的な技術革新

2005年以来、パテック フィリップの《アドバンストリサーチ》部門は、時計製作芸術の限界を押し広げ、時計業界における技術革新と開発の最前線を歩んでいます。

#PatekTime #PatekPhilippeAdvancedResearch

永遠の時間

永遠に時を刻む永久カレンダーの技術は、古くからパテック フィリップが自他共に認める分野です。

#PatekTime

高貴な時間 - ハイジュエリー・ウォッチ

パテック フィリップの《ハイジュエリー》モデルには、卓越した技術の追求とジェム・セッティングのデリケートな芸術が融合しています。

#PatekTime

時計製作の真の情熱

パテック フィリップ・ミュージアムは、その名から想像されるのとは異なり、マニュファクチュール パテック フィリップのコレクションのみを展示する場所ではありません。

#PatekTime #PatekPhilippeMuseum

時間計測

クロノグラフは、パテック フィリップのコンプリケーテッド・ウォッチの広範なコレクション中、常に重要な役割を果たしてきました。今日、クロノグラフ・ムーブメントを搭載したパテック フィリップの現行コレクション・モデルは20以上を数えますが、今回、新たにきわめて現代的な解釈による3点のニューバージョンが加わりました。永久カレンダー搭載スプリット秒針クロノグラフ5204モデル、年次カレンダー搭載自動巻フライバック・クロノグラフ5905モデル、およびワールドタイム・自動巻フライバック・クロノグラフ5930モデルです。いずれも、コンプリケーション、特に短い時間の計測におけるマニュファクチュール パテック フィリップの技術力を示しています。

#PatekTime #PatekComplications

カラトラバ・スタイルの新しいアイコン

ピュアなラインを持つカラトラバ・コレクションは、1932年以来、シンプルさと時を超越したエレガンスを体現してきました。パテック フィリップ・スタイルの最高のシンボルのひとつであり、新しい世代のタイムピース愛好家を魅了し続けています。

#PatekTime #PatekCalatrava

時計製作芸術

パテック フィリップは、当社のタイムピースを常に芸術作品と考えてきました。控え目でエレガントな、時を超越したそのデザインは、卓越性と調和の追求を体現しています。高度なクラフトマンシップと精緻な手仕上げが、これをさらに強調しています。パテック フィリップは、タイムピースの装飾に使われるすべての技術が世代から世代へと確実に受け継がれていくために、これらの技術を保護育成しています。

#PatekTime

アクアノート・ルーチェ・サマーライト

パテック フィリップは、2004年に発売されたアクアノート ・ルーチェ・オリジナルモデルのスポーティでシックなデザインを新解釈し、新世代のステンレススチール仕様のクォーツ・モデル、およびローズゴールド仕様の自動巻モデルを発表しました。

#PatekTime #AquanautLuce #Aquanaut

最高の技巧

最高の技巧

2020〜2021年パテック フィリップ希少なハンドクラフト・コレクションをご紹介します。腕時計、懐中時計、ドーム・テーブルクロックなど、70点におよぶ驚異的な限定製作とユニークピースの作品を網羅しています。

#PatekTime #RareHandcrafts

カレンダー・タイムピースにおける新しい章

新しい5236モデルは、パテック フィリップのカレンダー・タイムピースの輝かしい歴史に新しい章を加えました。

#PatekPhilippe #PerpetualCalendar

究極の技術的壮挙と造形美を体現したニューモデル

究極の技術的壮挙と造形美を体現したニューモデル

パテック フィリップは、現行コレクションをさらに豊かにする、究極の技術的壮挙と造形美を体現したニューモデルを発表しています。

#PatekTime #PatekNovelties

未来のための新工場

このエピソードでは、プラン・レ・ワットに落成したパテック フィリップの新工場を訪問します。会社の戦略的方向性におけるその重要性を理解し、ここで行われる重要な活動を見ていきます。

#PatekTime

コンプリケーションへの情熱

パテック フィリップは、婦人用のさまざまなコンプリケーテッド・ウォッチの主導的なマニュファクチュールです。これらは、女性が所有できる最も気品溢れる希少なタイムピースです。

#PatekTime

アントワーヌ・ノルベール・ド・パテックの旅

1854年11月、パテック フィリップの共同創業者であるアントワーヌ・ノルベール・ド・パテックは、妻と同僚に別れを告げ、旅に出ました。ジュネーブを出発しパリ、リヴァプール、イギリスを経由してニューヨークに向かいました。

#PatekTime

チャイムにおけるグランドマスター

永続的な家族の情熱だけが、最も純粋な音色のチャイムを生み出することができます。パテック フィリップルは、1839年の創業以来の長い歴史を通じ、チャイム・ウォッチへの情熱を持ち続けてきました。

#PatekTime

グランドソヌリ

パテック フィリップは1839年の創業以来、チャイム・ウォッチの長く輝かしい歴史を育み、この比類のない情熱と知識が、世代から世代へと確実に受け継がれていくため、常に努力を傾注しています。

#PatekTime #PatekPhilippeGrandeSonnerie

Twenty~4

1999年に発表されたTwenty~4は、パテック フィリップ初の婦人用タイムピース・コレクションです。その名が示す通り、活動的な現代女性をすべてのシーンで引き立てる、スタイリッシュなパートナーです。

#PatekTime#PatekTwenty4

年次カレンダー

特許取得の年次カレンダーは1996年に発表され、約25年間にわたり、マニュファクチュール パテック フィリップの偉大な成功物語となっています。

#PatekTime #PatekAnnualCalendar

サービスへのコミットメント

パテック フィリップのインターナショナル・カスタマーサービスによるコミットメントは、いかに年代を経たものであっても、パテック フィリップ・タイムピースのオーバーホール、修理、修復をお引き受けするという誓約によって最もよく表現されます。

#PatekTime

グランド・コンプリケーション

グランド・コンプリケーションは、時計製作の真の頂点です。パテック フィリップがこれらのきわめて複雑なタイムピースの広範なコレクションをレギュラー生産していることは、時計製作におけるマニュファクチュール パテック フィリップの比類のない技術力の証といえましょう。

#PatekTime #PatekGrandComplications

マニュファクチュールの起源

このエピソードでは、1839年の創業から今日に至るマニュファクチュール パテック フィリップとその歴史的建物の歴史と発展、および落成したジュネーブ新工場について解説します

#PatekTime #PatekManufacture

パイロット・スタイル

今日、パイロット・スタイルの時計は、パテック フィリップ・コレクションの重要な一部をなしています。リミテッド・エディションとグランド・コンプリケーションを含むこのラインは、第二次世界大戦直前の数年間にマニュファクチュール パテック フィリップによって創作された、パイロット・ウォッチとミリタリー・ウォッチからインスピレーションを得ています。

#PatekTime #PilotWatch

グランドマスター・チャイム

グランドマスター・チャイムは、これまでパテック フィリップにより製作された最も複雑な腕時計です。20の複雑機能、リバーシブル・ケース、2つの独立した文字盤を備え、6件の技術特許により保護される技術革新を誇っています。

#PatekTime #GrandmasterChime

ゴンドーロ

このエピソードは、19世紀後半、ブラジルにおいて誕生して以来、アールデコ様式の現行コレクションに至る、ゴンドーロの驚くべき遺産をたどります。

#PatekTime #PatekGondolo

無限の芸術性

無限の芸術性

1839年の創業以来、パテック フィリップは、「希少なハンドクラフト」というコレクション名の下、タイムピースの微細で洗練された装飾に長年用いられてきた伝統的な技術を保護育成することに尽力してきました。

#PatekTime #RareHandcrafts

クロノグラフへの情熱

おそらく最もクラシックなコンプリケーションであり、愛好家、コレクターから最も追い求められるクロノグラフ機能は、経過した時間の長さを測定できる、機械式時計の追加機能のひとつです。

#PatekTime #ManualWindingChronograph #APassionForChronographs

ウォッチアート・グランド・エグジビション

パテック フィリップ・ウォッチアート・グランド・エグジビションは、初めてシンガポールにおいて2019年9月28日から10月13日までマリーナベイサンズ・シアターで開催されました。

#PatekTime #PPWatchArt2019 #PatekPhilippe

ジェネレーションへのオマージュ

「パテック フィリップは所有するものではない。次世代のために預かるものである。」

#PatekTime #PatekGenerations #BeginYourOwnTradition

ウィークリー・カレンダー

2019年、パテック フィリップはカレンダー・ウォッチの新しい機能、ウィークリー・カレンダーを発表しました。

#PatekTime #CalatravaWeeklyCalendar #5212A

『パテック フィリップ正史』ニコラス・フォークス著

新しい『パテック フィリップ正史』国際版の刊行を発表いたします。

#PatekTime #PatekBiography

Twenty~4、20年にわたるタイムレスなデザイン

世紀の変わり目に、パテック フィリップはモダンでスタイリッシュな女性の毎日のあらゆるシーンにマッチするようにデザインされた、ダイヤモンドをセッティングしたタイムピース、Twenty〜4を発表しました。

#PatekTime #PatekTwenty4

ジェム・セッティングの芸術

ジェム・セッティングは、タイムピースの装飾技術として最も古くから用いられているもののひとつです。

#PatekTime #PatekSavoirFaire #PatekGemsetting

アラーム・トラベルタイム

マニュファクチュール パテック フィリップがトラベルタイム機能と新しく開発したアラーム・ムーブメントを組み合わせるという新たな技術的チャレンジを開始したのは6年前のことでした。

#PatekTime #AlarmTravelTime

シンメトリカル・タイム

1839年の創業以来、パテック フィリップは最高の信頼性と精度の同義語であるタイムピースを製作してきました。17、18世紀の時計工房では、レギュレーターと呼ばれる振り子時計が、調整の基準として時計師により用いられていました。

#PatekTime #PatekRegulator

カラトラバ, ピュアでシンプル

伝説的なカラトラバは、パテック フィリップ・スタイルを最も純粋に体現したタイムピースです。1932年に創作されたこのコレクションは、そのフォルムと機能において、ラウンド型腕時計の真髄とされています。

#PatekTime #PatekCalatrava

永遠のクラシック

マニュファクチュール パテック フィリップは、1864年に初めての永久カレンダー搭載懐中時計、1925年に初めての永久カレンダー搭載腕時計を創作しました。これからも分かる通り、当社は創業以来、永遠を追求する真の象徴ともいうべきコンプリケーション機能、永久カレンダーの巨匠として自他共に認められてきました。

#PatekTime #PatekPerpetualCalendar

夜空をあなたの手首へ

夜空をあなたの手首へ

今回のエピソードは、「夜空を手首へ」という希望をかなえるための、数十年にわたる天文学研究と技術の限界へのチャレンジの物語です。

#PatekTime

ヒューマン・タッチ

パテック フィリップのタイムピースの美しさと精度を実現するためには、きわめて精密で念入りな手仕上げ技術が必要です。製作されたひとつひとつの時計は、卓越性の証であるパテック フィリップ・シールが刻印され、パテック フィリップの時計ならではの長寿命と高い品質が保証されています。

#PatekTime #PatekSavoirFaire #PatekPhilippeSeal

Twenty~4 Automatic

20年間、Twenty~4タイムピースは、活動的な現代の女性の毎日をの伴侶であり続けてきました。このプレステージ溢れるコレクションの新たな章が、5種類の機械式自動巻レディスウォッチの発表によって開かれようとしています。

#PatekTime #Twenty4Automatic #BeginYourOwnTradition

ゴールデン・エリプス

半世紀におよぶ流行の変遷を成功裡に生き抜いたのゴールデン・エリプスは、2018年、誕生50周年を祝います。

#PatekTime #GoldenEllipse

ワールドタイム、比類のない旅

1884年、国際子午線会議は、ユニバーサルタイム(世界時)を採用し、世界は公式に24のタイムゾーンに分割されました。そしてグリニッジを通る子午線は原初子午線に指定され、その時刻は標準時(GMT)と命名されました。以来、時計師たちは、1つの文字盤に複数のタイムゾーンを表示することに挑戦してきました。

#PatekTime #PatekWorldTime

会社の起源

19世紀の初め、スイスは時計製作における主導権を獲得するためイギリスに挑戦していました。

#PatekTime #PatekHistory

カジュアル・シックの20年、アクアノート

パテック フィリップの伝統と遺産を新たに解釈した アクアノートは、現代の若い世代のためのタイムピースとして創作されました。

#PatekTime #Aquanaut

伝説的なキャリバー240

1977年、時計産業界は、当時の世界で最も薄い自動巻ムーブメント、キャリバー240の誕生を目の当たりにしました。

#PatekTime #Caliber240

希少なハンドクラフト

希少なハンドクラフト

およそ200年以上にわたり、パテック フィリップは、希少なハンドクラフトに敬意を表し、その保護育成に努めてきました。スターン家は、天分とユニークな才能に恵まれた職人たちに仕事を発注することにコミットし続けてきました。

#PatekTime #RareHandcrafts

時というもの

バーゼルワールド2018において、パテック フィリップは、最初の婦人用自動巻トラベルタイム、カラトラバ・パイロット・トラベルタイムを発表しました。

#PatekTime #7234R #CalatravaPilotTravelTime

本ウェブサイトは、機能の向上と分析、およびお客様に最高の体験をしていただくため、「免責事項」に記載のように、クッキー(cookies)を使用しています。設定を変更せずに本ウェブサイトのご訪問を継続なさることにより、お客様は、本ウェブサイトによるクッキー(cookies)の使用に同意なさったことになります。