イントロダクション

5227R
- カラトラバ
自動巻ムーブメント

カラトラバは、その純粋な造形美により、ラウンド型腕時計の古典として、またパテック フィリップのスタイルを象徴する最も美しいモデルとして世界中に知られています。究極のエレガンスを誇るカラトラバは、時を超越した完璧さと洗練された気品により、世代を超えて愛されてきました。


自動巻ムーブメント。 キャリバー 324 S C。 日付を窓表示。 センターセコンド。 ラック・アイボリー文字盤、ゴールド植字インデックス。 ラージ・スクエアのハンドステッチ・ブリリアント・machine stitched like hand・バンド、カラーはダーク・チェスナット。 ローズゴールド仕様。 サファイヤクリスタル・バックとこれを保護するインビジブル・ヒンジ付カバー。 3気圧防水。 ケース径: 39 mm。 厚さ: 9.24 mm。

価格:

これはあなたのウィッシュリストに追加されました

キャリバー

324 S C
自動巻ムーブメント

Patek Philippe キャリバー 324 S C - フロント
フロント バック

324 S C
自動巻ムーブメント

日付表示、センターセコンド。 外径: 27 mm。 厚さ: 3.3 mm。 部品総数: 213個。 受けの枚数: 6枚。 石数: 29石。 連続駆動可能時間: 最小35時間、最大45時間。 21金中央ローター、単方向巻上げ式。 テンプ: ジャイロマックス。 毎時振動数: 28 800 (4 Hz)。 Spiromax®。 認定刻印: パテック フィリップ・シール。

技術とノウハウ

最小のディテールへの配慮
文字盤の製作

文字盤の製作は、多大な技術・ノウハウを必要とするきわめて専門性の高い活動です。文字盤はわれわれに語りかける時計の顔ですから、美しく完璧なハーモニーを持たねばならず、同時に高い視認性を要求されます。文字盤製作とその仕上げは、長い歴史を持つハンドクラフトの技術と、世代から世代へと受け継がれた秘法によって行なわれています。パテック フィリップの文字盤の製作には4~6か月の期間と、装飾技術を含め50~200の製作工程が必要です。

プレスリリース

Patek Philippe Calatrava Ref. 5227

For decades, the Calatrava – the prototype of the classic round wristwatch, including its Officer's style variations with dust covers over the case back – has ranked among the most iconic creations of Patek Philippe. Uniting the key characteristics of this watch family, the new Calatrava Ref. 5227 now features a display back protected with a separate dust cover. The special twist: The entire hinge is on the inside of the cover, making it invisible even to the connoisseur.

本ウェブサイトは、機能の向上と分析、およびお客様に最高の体験をしていただくため、「免責事項」に記載のように、クッキー(cookies)を使用しています。設定を変更せずに本ウェブサイトのご訪問を継続なさることにより、お客様は、本ウェブサイトによるクッキー(cookies)の使用に同意なさったことになります。