イントロダクション

6102R
- グランド・コンプリケーション
自動巻ムーブメント

天空の動きを再現する星座表を搭載したセレスティアルは、パテック フィリップの天文表示タイムピースにおける偉大な伝統へのトリビュートといえましょう。セレスティアルのオーナーは、いつでも好きな時に北半球の星と月の動き、そして月の満ち欠けを文字盤上で見ることができます。スケルトンの長・短針は、平均太陽時による分・時を表示します。サファイヤクリスタル・ガラスの内面に描かれた楕円は、ジュネーブ、およびジュネーブと同一の緯度にあるすべての地点で見える天空部分を示します。


自動巻ムーブメント。 キャリバー 240 LU CL C。 夜空とムーンフェイズを示すブラックのサファイヤクリスタル・ディスク。 星座と銀河を示す透明なサファイヤクリスタル・ディスク。 日付を指針表示。 平均太陽時(通常の時刻)による時・分表示。 星座表、月の軌道とムーンフェイズ表示。 シリウス星の子午線通過時刻、月の子午線通過時刻。 ブルーのディスクを背景に、星座と満ち欠けする月が回転する。 ラージ・スクエアのハンドステッチ・アリゲーター・バンド,カラーはブリリアント・ブラック。 ローズゴールド仕様。 サファイヤクリスタル・バック。 3気圧防水。 ケース径: 44 mm。 厚さ: 10.58 mm。

価格:

TOGGLE
これはあなたのウィッシュリストに追加されました

他のバージョン

キャリバー

240 LU CL C
自動巻ムーブメント

Patek Philippe キャリバー 240 LU CL C - フロント
フロント バック

240 LU CL C
自動巻ムーブメント

日付表示付セレスティアル。 外径: 38 mm。 厚さ: 6.81 mm。 部品総数: 315個。 受けの枚数: 12枚。 石数: 45石。 連続駆動可能時間: 最小38時間、最大48時間。 22金偏心マイクロローター。 テンプ: ジャイロマックス。 毎時振動数: 21 600 (3 Hz)。 Spiromax®。 認定刻印: パテック フィリップ・シール。 技術特許: CH 595 653。

スカイムーン・トゥールビヨンの調整方法

スカイムーン・トゥールビヨンの調整方法

セレスティアルの調整方法

スターキャリバー2000の調整方法

  • 星座表側
    • ムーンフェイズの回転 Loading...
    • ムーンフェイズ調整
      • 大きい目盛 Loading...
      • 細かい目盛 Loading...
    • 星座表調整
      • 大きい目盛 Loading...
      • 細かい目盛 Loading...
  • 文字盤側
    • 閏年サイクル Loading...
    • 曜日 Loading...
    • 日付 Loading...
    • Loading...
    • 月齢 Loading... (Loading... 回押す)




スカイムーン・トゥールビヨン5002モデルの調整方法

調整に入る前にリュウズ(4時位置)を10回ほど回してぜんまいを巻上げてください。調整ボタンの操作は、必ずスカイムーン・トゥールビヨンに付属のファンクション・ペンシルを用いて行ってください。他の物を使うとタイムピースを損なう危険があります。以下の手順に従って調整を行うようにしてください。

1. 永久カレンダーと月齢(文字盤側)の調整方法

1.1.調整の前に:

リュウズ(4時位置)を静かに引出し、レトログラード日付表示針が次の日に進むまで、時・分針を時計回りに回します。時・分針をさらに進め、午前6時に合わせます。次に、ファンクション・ペンシルを使い、レトログラード日付表示針が1日を指すまで、11~12時位置の調整ボタンを続けて押します。

1.2.閏年サイクル(12時位置サブダイヤル)と月(3時位置サブダイヤル)の調整:

右側に表示される計算結果を見ます。《閏年サイクル》の示すローマ数字が閏年サイクルを示します。閏年はローマ数字《IV》で表されます。ファンクション・ペンシルを使い、3~4時位置の調整ボタンを続けて押し、最初に《閏年サイクル》に表示された閏年サイクル、続いて現在の月に合わせます。

1.3.日付(レトログラード日付表示針)の調整

ファンクション・ペンシルを使い、レトログラード日付表示針が今日の日付を指すまで、11~12時位置の調整ボタンを続けて押します。この時、曜日(9時位置サブダイヤル)が連動して動きます。曜日が日付に合っていない場合は、曜日のみ後で修正することができます。

1.4.曜日(9時位置サブダイヤル)の調整:

ファンクション・ペンシルを使い、曜日表示針が今日の曜日を指すまで、6~7時位置の調整ボタンを続けて押します。

1.5.月齢(6時位置サブダイヤル)の調整:

ファンクション・ペンシルを使い、5~6時位置の調整ボタンを続けて押し、月齢表示を満月に合わせます。右側に表示される計算結果を見ます。《月齢》の示す数字が今日の月齢を示します。調整ボタンを1回押す毎に月齢表示が半日分進みますので、今日の月齢の2倍の回数(《押す回数》で示される回数)だけ、調整ボタンを押してください。

2.天文表示の調整方法(星座表側)

星座表側(24時間表示文字盤)を表にします。リュウズ(8時位置)を反時計回りに回して月の調整を行い、時計回りに回して星座表と恒星時を合わせます。

2.1.月とムーンフェイズ の調整

月が満月になっている状態にし、リュウズを反時計回りに回して、月を文字盤のシリウス《S》の文字に合わせます。三角形の月インデックスの先端が《S》の文字の中央に来るよう、正確に合わせます。右側に表示される計算結果を見ます。リュウズをさらに回して《ムーンフェイズの回転》の示す回数だけ、月を文字盤上で回転させます。リュウズをさらに回して《ムーンフェイズの調整》の《大きい目盛》、《細かい目盛》の示す数字だけ月を進めます。これで完了です。

2.2.星座表の調整:

リュウズを時計回りに回して、星座表の三角形のインデックス(銀河の端にあります)を文字盤の《S》に合わせます。右側に表示される計算結果を見ます。リュウズをさらに回して《星座表の調整》の《大きい目盛》、《細かい目盛》の示す数字だけ星座表インデックスを進めます。これで完了です。

 

スカイムーン・トゥールビヨン6002モデルの調整方法

調整に入る前にリュウズ(4時位置)を10回ほど回してぜんまいを巻上げてください。調整ボタンの操作は、必ずスカイムーン・トゥールビヨンに付属のファンクション・ペンシルを用いて行ってください。他の物を使うとタイムピースを損なう危険があります。以下の手順に従って調整を行うようにしてください。

1. 永久カレンダーとムーンフェイズ(文字盤側)の調整方法

1.1.調整の前に:

リュウズ(4時位置)を静かに引出し、レトログラード日付表示針が次の日に進むまで、時・分針を時計回りに回します。時・分針をさらに進め、午前6時に合わせます。次に、ファンクション・ペンシルを使い、レトログラード日付表示針が1日を指すまで、11~12時位置の調整ボタンを続けて押します。

1.2.閏年サイクル(12時位置サブダイヤル)と月(3時位置サブダイヤル)の調整:

右側に表示される計算結果を見ます。《閏年サイクル》の示すローマ数字が閏年サイクルを示します。閏年はローマ数字《IV》で表されます。ファンクション・ペンシルを使い、3~4時位置の調整ボタンを続けて押し、最初に《閏年サイクル》に表示された閏年サイクル、続いて現在の月に合わせます。

1.3.日付(レトログラード日付表示針)の調整

ファンクション・ペンシルを使い、レトログラード日付表示針が今日の日付を指すまで、11~12時位置の調整ボタンを続けて押します。この時、曜日(9時位置サブダイヤル)が連動して動きます。曜日が日付に合っていない場合は、曜日のみ後で修正することができます。

1.4.曜日(9時位置サブダイヤル)の調整:

ファンクション・ペンシルを使い、曜日表示針が今日の曜日を指すまで、6~7時位置の調整ボタンを続けて押します。

1.5.ムーンフェイズ(6時位置サブダイヤル)の調整:

ファンクション・ペンシルを使い、5~6時位置の調整ボタンを続けて押し、ムーンフェイズ表示を満月に合わせます。ウェブページに記載のカレンダーを参照し、最も最近の満月の日から今日まで経過した日数(最近の満月の日は除きます)を調べます。この日数の回数だけ、調整ボタンを押してください。

2.天文表示の調整方法(星座表側)

星座表側(24時間表示文字盤)を表にします。リュウズ(8時位置)を反時計回りに回して月の調整を行い、時計回りに回して星座表と恒星時を合わせます。

2.1.月とムーンフェイズ の調整

月が満月になっている状態にし、リュウズを反時計回りに回して、月を文字盤のシリウス《S》の文字に合わせます。三角形の月インデックスの先端が《S》の文字の中央に来るよう、正確に合わせます。右側に表示される計算結果を見ます。リュウズをさらに回して《ムーンフェイズの回転》の示す回数だけ、月を文字盤上で回転させます。リュウズをさらに回して《ムーンフェイズの調整》の《大きい目盛》、《細かい目盛》の示す数字だけ月を進めます。これで完了です。

2.2.星座表の調整:

リュウズを時計回りに回して、星座表の三角形のインデックス(銀河の端にあります)を文字盤の《S》に合わせます。右側に表示される計算結果を見ます。リュウズをさらに回して《星座表の調整》の《大きい目盛》、《細かい目盛》の示す数字だけ星座表インデックスを進めます。これで完了です。

スターキャリバー2000の永久カレンダーと天文表示の調整方法

1.4 日前以内にタイムピースが停止した場合

a.最初にぜんまいを巻上げます。
b.次にリュウズを回して永久カレンダーと時刻を正しく調整します。
c.天文表示の調整
天文表示(星座表と月)の調整方法を説明します。調整は回転ベゼルを回して行います。

1.1.月の調整

‐月が満月になっている状態にし、リュウズを回して、月を文字盤の子午線《M》の文字に合わせます。三角形の月インデックスの先端が《M》の文字の中央に来るよう、正確に合わせます。
‐右側に表示される計算結果を見ます。リュウズをさらに回して《ムーンフェイズの回転》の示す回数だけ、月を文字盤上で回転させます。
‐たとえば《ムーンフェイズの回転: 5》と表示されていたら、リュウズを回して月を文字盤上で5周させます。リュウズを回す回数は、最大28回です。
‐月を現在の時刻に合わせるには、リュウズをさらに回して《月の調整》の《大きい目盛》、《細かい目盛》の示す数字だけ月を進めます。
‐《大きい目盛》は調整スケールの大きい目盛、《細かい目盛》は細かい目盛を示します。これで完了です。

1.2.星座表の調整

‐リュウズを回して、三角形の星座表インデックス(銀河の端にあります)を文字盤の(M)に合わせます。
‐右側に表示される計算結果を見ます。リュウズをさらに回して《星座表の調整》の《大きい目盛》、《細かい目盛》の示す数字だけ星座表インデックスを進めます。
‐《大きい目盛》は調整スケールの大きい目盛、《細かい目盛》は細かい目盛を示します。これで完了です。

2.4日以上前にタイムピースが停止した場合

a.最初にぜんまいを巻上げます。

b.次に永久カレンダーを正しく調整します。

‐早調整スライドピースをスライドさせると、永久カレンダー、真太陽分による均時差表示、日昇・日没時刻、季節表示は変わらずに、日付表示のみがほぼ1か月分進みます。

‐正しい日付の1日~2日前のところでスライドピースを放します。スライドピースはバネによって自動的に元の位置に戻ります。

‐ファンクション・ペンシルを使い、正しい日付が表示されるまで12時位置の日付調整ボタンを続けて押します。

‐正しい日付が表示されたら、ファンクション・ペンシルを使い、正しい曜日が表示されるまで4時位置の曜日調整ボタンを続けて押します。

2.1.月の調整

‐月が満月になっている時、リュウズを回して、月を文字盤の子午線《M》の文字に合わせます。三角形の月インデックスの先端が《M》の文字の中央に来るよう、正確に合わせます。

‐右側に表示される計算結果を見ます。リュウズをさらに回して《ムーンフェイズの回転》の示す回数だけ、月を文字盤上で回転させます。

‐たとえば《ムーンフェイズの回転: 5》と表示されていたら、リュウズを回して月を文字盤上で5周させます。リュウズを回す回数は、最大28回です。

‐月を現在の時刻に合わせるには、リュウズをさらに回して《月の調整》の《大きい目盛》、《細かい目盛》の示す数字だけ月を進めます。

‐《大きい目盛》は調整スケールの大きい目盛、《細かい目盛》は細かい目盛を示します。これで完了です。

2.2.星座表の調整

‐リュウズを回して、三角形の星座表インデックス(銀河の端にあります)を文字盤の(M)に合わせます。

‐右側に表示される計算結果を見ます。リュウズをさらに回して《星座表の調整》の《大きい目盛》、《細かい目盛》の示す数字だけ星座表インデックスを進めます。

‐《大きい目盛》は調整スケールの大きい目盛、《細かい目盛》は細かい目盛を示します。これで完了です。

セレスティアル5102、6102、6103、6104モデルの調整方法

調整に入る前にリュウズを10回ほど回してぜんまいを巻上げてください。調整ボタンの操作は、必ずセレスティアルに付属のファンクション・ペンシルを用いて行ってください。他の物を使うとタイムピースを損なう危険があります。以下の手順に従って調整を行うようにしてください。

1.月と星座表の調整

1.1.月の調整

月の調整は、4時位置のリュウズを引き出し、時計回りに回して行ないます。月が満月になっている状態にし、リュウズを回して、月を文字盤のシリウス《S》の文字に合わせます。三角形の月インデックスの先端が《S》の文字の中央に来るよう、正確に合わせます。右側に表示される計算結果を見ます。リュウズをさらに回して《ムーンフェイズの回転》の示す回数だけ、月を文字盤上で回転させます。たとえば《ムーンフェイズの回転: 5》と表示されていたら、リュウズを回して月を文字盤上で5周させます。リュウズを回す回数は、最大28回です。

月を現在の時刻に合わせるには、リュウズをさらに回して《ムーンフェイズの調整》の《大きい目盛》、《細かい目盛》の示す数字だけ月を進めます。《大きい目盛》はベゼルの調整スケールの大きい目盛、《細かい目盛》は細かい目盛を示します。これで完了です。

1.2.星座表の調整

星座表の調整は、4時位置のリュウズを引き出し、時計反対回りに回して行ないます。星座表の三角形のインデックス(銀河の端にあります)を文字盤の《S》に合わせます。右側に表示される計算結果を見ます。リュウズをさらに回して《星座表の調整》の《大きい目盛》、《細かい目盛》の示す数字だけ星座表インデックスを進めます。《大きい目盛》はベゼルの調整スケールの大きい目盛、《細かい目盛》は細かい目盛を示します。これで完了です。調整が終わったら、リュウズを元の位置に戻してください。

2.時刻の調整

2時位置のリュウズをポジション2に引き出して、正しい時刻を示すまでどちらかの方向に回してください。調整が終わったら、リュウズを元の位置に戻してください。


技術とノウハウ

最小のディテールへの配慮
ムーブメント構成部品

ムーブメント構成部品の精緻な仕上がりにおいては、手仕上げ技術が最高のレベルに高められています。パテック フィリップ・シール認定規準は、ムーブメントおよび時計のその他の要素が、先進的なテクノロジーと伝統的な技術・ノウハウを用いて製作され、真正で模範的な仕上がりを与えられていることを義務づけています。

本ウェブサイトは、機能の向上と分析、およびお客様に最高の体験をしていただくため、「免責事項」に記載のように、クッキー(cookies)を使用しています。設定を変更せずに本ウェブサイトのご訪問を継続なさることにより、お客様は、本ウェブサイトによるクッキー(cookies)の使用に同意なさったことになります。