5章

チャイム・ウォッチの偉大な遺産

パテック フィリップにおけるミニット・リピーターの再興

パテック フィリップにおけるチャイム・ウォッチの復活は、1989年に始まりました。この年は、マニュファクチュール パテック フィリップの創業150周年というきわめて重要な年であり、これを記念し、著名なキャリバー89(33の複雑機能)と、パテック フィリップ初の完全自社開発・製造ミニット・リピーター・ムーブメント、キャリバーR 27が発表されました。

キャリバーR 27)
キャリバーR 27

この革新的なキャリバーR 27は、従来の反動アンクルを不要とした、新しい遠心ガバナーを採用したストライク機能を備えていました。このムーブメントは、2つの記念タイムピース、3979モデルと3974モデルに搭載されてデビューしました。

キャリバーR 27は、今日もミニット・リピーターのみのモデル、他のコンプリケーションと組み合わせたモデルを問わず、パテック フィリップのミニット・リピーター腕時計の基本キャリバーとなっています。

キャリバーR 27は、今日もミニット・リピーターのみのモデル、他のコンプリケーションと組み合わせたモデルを問わず、パテック フィリップのミニット・リピーター腕時計の基本キャリバーとなっています。

パテック フィリップの歴史におけるチャイム・ウォッチを跡づける

パテック フィリップの歴史におけるサウンドを探索する。

ジュネーブ時計製作の伝統に完璧に根ざしたマニュファクチュール パテック フィリップルは、1839年の創業以来、チャイム・ウォッチの製作をしてきました。パテック フィリップの職人が歴史を通じて獲得した技術・ノウハウにより、マニュファクチュール パテック フィリップは、今日の時計業界において自他共に認める、比類のない地位を築いています。

パテック フィリップ・サウンド・セクションからの通知に登録

本ウェブサイトは、機能の向上と分析、およびお客様に最高の体験をしていただくため、「免責事項」に記載のように、クッキー(cookies)を使用しています。設定を変更せずに本ウェブサイトのご訪問を継続なさることにより、お客様は、本ウェブサイトによるクッキー(cookies)の使用に同意なさったことになります。