イントロダクション

20086M
- 希少なハンドクラフト

クロワゾネ七宝装飾のドーム・テーブルクロック。

パテック フィリップは、インドと東洋の宮殿を飾るきわめて美しい花のアラベスクからインスピレーションを得て、この見事な多色クロワゾネ本七宝のユニークピースを創作しました。

まず断面0.2 x 0.6 mm、全長22.5 mの金線(45.1 g)を使用し、デザインの輪郭を描きます。ベースプレートに固定する前に、金線を手作業で曲げ、微細な曲線や小さな渦巻を形作ります。その後、これらの金線による各々の囲いの中に釉薬を施します。釉薬は透明、不透明、乳白色の19色のパレットからなり、繰り返し焼成することによりガラス化されます。各々の七宝プレートは、890°C〜900°Cの温度で8回〜11回にわたり炉で加熱されています。クロワゾネ七宝の文字盤センターは、黒七宝のローマ数字を配したアワーサークルで囲まれています。

電動モーターにより巻き上げる機械式ムーブメント、キャリバー17’’’ PEND。

TOGGLE
PREV
NEXT

キャリバー

17''' PEND

バック

17''' PEND

外径: 38.65 mm。 厚さ: 3.8 mm。 受けの枚数: 8枚。 石数: 20石。 連続駆動可能時間: 最大50時間。 テンプ: チラネジ付。 毎時振動数: 18 000 (2.5 Hz)。 髭ぜんまい: ブレゲ髭ぜんまい。 認定刻印: パテック フィリップ・シール。

技術とノウハウ

希少なハンドクラフト
理想的なキャンバス、
ドーム・テーブルクロック

ドーム・テーブルクロックは、装飾芸術の理想的な表現形式です。その豊かな丸いフォルムは、創造性あふれる七宝画家のキャンバスとして理想的です(とりわけクロワゾネ七宝に適しています)。動植物のモチーフはパテック フィリップの伝統的な主題ですが、より現代的なテーマも扱われます。パテック フィリップ・ミュージアムの展示作品は貴重なインスピレーションの源ですが、愛好家、コレクターの好みによっては、はるか遠くの異国情緒もデザインの要素となります。クリエイティブ・チームは、ある文化圏では特定の色彩、フォルムや過剰なほどの装飾が好まれ、他の文化圏では節度が重んじられる、といった事実をよく理解しています。描かれる場面はデザイナーの創作であったり、著名な絵画作品を極小サイズに複製したものであったりします。

本ウェブサイトは、機能の向上と分析、およびお客様に最高の体験をしていただくため、「免責事項」に記載のように、クッキー(cookies)を使用しています。設定を変更せずに本ウェブサイトのご訪問を継続なさることにより、お客様は、本ウェブサイトによるクッキー(cookies)の使用に同意なさったことになります。