イントロダクション

995/112J
- 希少なハンドクラフト
手巻

木象嵌と手彫金で装飾された懐中時計。

小枝をかじる牡鹿が、このイエローゴールド仕様のユニークピースのケースバックを飾っています。このシーンは、時計製作では希にしか使用されない木象嵌によって描かれています。

木象嵌職人は、細部にいたるまで情景に命を吹き込むために、さまざまな質感、木目、色の17種類の選ばれた木から、170枚の突板と70個のインレイを切り取り、組み立てます。ケースバックの縁、ベゼル、環には葉をかたどった手彫金を施し、これは120時間の作業を要しました。灰緑色の文字盤は、イエローゴールド植字ブレゲ数字と手彫金を施したイエローゴールド指針を配しています。リュウズは薄緑色のトルマリン・カボション(0.26カラット)で装飾されています。

この懐中時計には、一枚一枚成形され彫金された葉を備えた手づくりのイエローゴールド・スタンドが付属しています。楕円形のベースは輝く大理石からできており、薄緑色のトルマリン・カボション(0.30カラット)をセッティングしています。

スモールセコンド付手巻ムーブメント、キャリバー17’’’ LEP PS。

TOGGLE
PREV
NEXT

キャリバー

17''' LEP PS
手巻

Patek Philippe キャリバー 17''' LEP PS - フロント
フロント バック

17''' LEP PS
手巻

外径: 38.65 mm。 厚さ: 3.8 mm。 部品総数: 137個。 受けの枚数: 7枚。 石数: 18石。 連続駆動可能時間: 最小50時間。 テンプ: チラネジ付。 毎時振動数: 18 000 (2.5 Hz)。 髭ぜんまい: ブレゲ式。

技術とノウハウ

希少なハンドクラフト
木象嵌

細密な木象嵌(もくぞうがん)は、きわめて巧妙で綿密な、忍耐と正確さを必要とする芸術です。紙のように薄い突板(つきいた)から微細なパーツを切り抜く際には、完成した作品において各々のパーツが占める位置やその意味合いを考え、木目を決定しなければならないのです。

本ウェブサイトは、機能の向上と分析、およびお客様に最高の体験をしていただくため、「免責事項」に記載のように、クッキー(cookies)を使用しています。設定を変更せずに本ウェブサイトのご訪問を継続なさることにより、お客様は、本ウェブサイトによるクッキー(cookies)の使用に同意なさったことになります。