カスタマー・サービスへのコミットメントは、パテック フィリップの活動における欠くことのできない要素となっています。パテック フィリップは、創業以来製作されたすべてのパテック フィリップのタイムピースをオーバーホールし、修理し、修復することを保証しています。

パテック フィリップは、世界最高レベルのカスタマー・サービスをお客様に提供することを自らの責務と考えています。パテック フィリップ・シールにおいて、カスタマー・サービスが認定規準の重要なポイントとなっているのはそのためです。

当社のコミットメントは、最高の才能を持つ、選び抜かれた専門のスタッフにも現れています。カスタマーサービスは、家族経営のマニュファクチュールであるパテック フィリップの基本的な価値の1つとなっています。

パテック フィリップのタイムピースを取り扱うすべての専門のスタッフは、タイムピースとそれにまつわる歴史、そしてお客様への敬意を欠かしません。

ですからお客様のタイムピースには、その価値と真正性が世代から世代へと受け継がれていくために欠かせない、細心の配慮が注がれるのです。

テクニカル・トレーニング

「家族経営のマニュファクチュールであるパテック フィリップでは、当社の時計をオーバーホール、修理、修復するために必要な技術とノウハウは、新しい時計の製作に必要なそれと同じくらい重要と考えています。この理由から、当社でトレーニングを受け、資格を与えられた時計技術者のみがこの仕事を行うことを強調しているのです。」

パテック フィリップのティエリー・スターン社長によれば、このコミットメント、または自らに課された義務は、1839年の創業時にまで遡るもので、パテック フィリップの工芸技術、伝統、専門技術への敬意を反映しています。

専門の時計修理技術者は、分解、観察、評価、ジェム・セッティング、調整、機械的な最適化、ポリッシング、組立て、品質検査に熟達していなければなりません。また工具や特殊な潤滑油を使用し、パテック フィリップの過去と現在モデルに精通していなければなりません。

内部、外部を問わず、有資格のパテック フィリップ時計技術者の継続的なトレーニングは、パテック フィリップ・ジュネーブ本社の工房で行われます。最初のレベルも含め、当社のトレーニング・コースを受けるには、原則として2〜5年の実務経験が要求されます。トレーニングは、当社のタイムピースの技術的な特異性を教え、パテック フィリップ・シールに関連する品質規準を説明し、製品の進化や、現行コレクションに加えられたニューモデルに対応して知識をリフレッシュするという目的があります。

トレーニングは、次のレベルにしたがって行われます。あるレベルのトレーニングを終了後、次のレベルのトレーニングを受講するまでには、少なくとも36か月の実務経験が必要です。

トレーニング・レベル:

クイックサービス: 販売店の店頭で行う簡単なレベルのサービス(バンド・ブレスレットの付け替え、電池交換、防水検査)

レベル2: クォーツ・ムーブメント、およびシンプルな手巻・自動巻ムーブメントのオーバーホール

レベル3: コンプリケーテッド・ムーブメントのオーバーホール

アドバンスレベル: グランド・コンプリケーションのオーバーホール

以上のレベルでは、タイムピースの修復はできません。

当社の正規サービスセンター・ネットワークの時計技術者の最高の技術レベルを維持するために、過去4年以内にトレーニング・コースを受講していない時計技術者は、すべてリフレッシュコースを受講し、最新の技術を習得しなければなりません。

パテック フィリップはまた、スイスおよび世界中の時計製作学校との積極的なパートナーシップにより、時計製作の技術・ノウハウを時を超えて維持・発展させていくことに努力しています。こうして最も将来を約束された時計製作者たちを採用し、当社の自社トレーニングを受講させ、卓越した時計製作技術と希少なハンドクラフト技術を永続させていくことができるのです。

本ウェブサイトは、機能の向上と分析、およびお客様に最高の体験をしていただくため、「免責事項」に記載のように、クッキー(cookies)を使用しています。設定を変更せずに本ウェブサイトのご訪問を継続なさることにより、お客様は、本ウェブサイトによるクッキー(cookies)の使用に同意なさったことになります。