18.11.2013

ウォッチアート・グランド・エグジビション / ミュンヘン2013年

ミュンヘン2013年 ウォッチアート・グランド・エグジビション

パテック フィリップのウォッチアート・グランド・エグジビション《KunstWerkUhr》(時の芸術作品)が 2013年10月17日〜27日、ミュンヘンの著名な美術館《Kunsthalle der HypoVereinsbank》(ヒポフェラインス銀行美術館)で開催されました。多数のVIPを含め、予想の2倍を上回る来場者を迎えて成功裡に終了した展示会についてドイツ・パテック フィリップ・ディレクターのヤニック・ミショー氏は「来場者の皆様から熱烈なフィードバックをいただき、感激の至りです」と語りました。

パテック フィリップのウォッチアート・グランド・エグジビション《KunstWerkUhr》(時の芸術作品)は、ヨーロッパでは初めて、474点におよぶパテック フィリップ・タイムピースが広さ1,200平米の会場に11日間にわたって展示されました。展示会は《ミュージアム》、《工房》、《至高のクラフトマンシップ》という3つの主要テーマの下に行われ、マニュファクチュール パテック フィリップの独自性あふれる世界と1839年の創業以来の歴史を紹介しています。

本ウェブサイトは、機能の向上と分析、およびお客様に最高の体験をしていただくため、「免責事項」に記載のように、クッキー(cookies)を使用しています。設定を変更せずに本ウェブサイトのご訪問を継続なさることにより、お客様は、本ウェブサイトによるクッキー(cookies)の使用に同意なさったことになります。