愛好家が待ち望んでいた新しいグランド・コンプリケーション

グランドソヌリを最も純粋に体現し、プティットソヌリとミニット・リピーターも搭載したパテック フィリップ最初の腕時計を発見してください。

小型化技術と完璧な音響のマスターピース
ムーブメント心臓部の解説

キャリバーGS 36-750 PS IRMは、703個の部品数を考えると、このように複雑な機構としてはきわめてコンパクトでです(直径37 mm、厚さ7.5 mm)。

このムーブメントは、ひとつはムーブメント用、もうひとつはチャイム機構用の2組のツインぜんまいを搭載しています。この構成によってムーブメントは72時間、チャイム機構は24時間のパワーリザーブが実現されています。

チャイム機構のツインぜんまいに蓄えられたエネルギーのおかげで、24時間で合計1,056回、ゴングを打つことができます。

チャイム機構におけるグランドマスター、パテック フィリップ

パテック フィリップは、ジュネーブ時計製作の伝統に完璧に準拠し、創業当初からチャイム・ウォッチの製作を開始しました。

創業から4か月後の1839年9月、マニュファクチュールは、この種の最初のタイムピースを販売台帳に記載しました。それはリピーターを搭載した懐中時計でした。

今日パテック フィリップは、リピーターのみのモデル、他の複雑機能(トゥールビヨン、永久カレンダー、クロノグラフ、ワールドタイムなど)と組み合わされたモデルを合わせて12点ほどのモデルを製作しており、これは世界で最も広範なレギュラー生産されるミニット・リピーター腕時計のコレクションとなっています。

2020年11月30日、patek.comパテック フィリップ・サウンド・セクションを発見してください。
チャイム・ウォッチ

本ウェブサイトは、機能の向上と分析、およびお客様に最高の体験をしていただくため、「免責事項」に記載のように、クッキー(cookies)を使用しています。設定を変更せずに本ウェブサイトのご訪問を継続なさることにより、お客様は、本ウェブサイトによるクッキー(cookies)の使用に同意なさったことになります。