(この内容は英語のみで利用可能です。ご了承ください。)

18.03.2019

テクニカル・ニュースNo. 2 / 年次カレンダー・レギュレーター5235モデル

マニュファクチュール パテック フィリップのウェブサイトpatek.comに最近、新しいセクション、パテック フィリップ・テクニカル・ニュースが加わりました。その目的は、明確に構成され、容易に理解できるエキサイティングな動画を通じ、最も洗練された時計のメカニズムをデザイン、機能の両面から深く理解していただくことです。

レトログラード日付表示付永久カレンダー、ミニット・リピーター、トゥールビヨン、回転する星座表(天空星座図)など、スカイムーン・トゥールビヨン6002モデルに搭載されたグランド・コンプリケーション・メカニズムを特に掘り下げて解説した第1回エピソードに続き、パテック フィリップ・テクニカル・ニュース第2回エピソードは、独自性溢れる文字盤を備えたユニークなデザインのタイムピース、年次カレンダー・レギュレーター5235モデルをテーマとしています。バーゼルワールド2019では、ローズゴールド・ケースに、縦方向にサテン仕上げを施した2トーンのグラファイト・ブラック文字盤を備えたニューバージョンが発表されました。

解説は、このモデルにインスピレーションを与えた、《レギュレーター》と呼ばれる歴史的な高精度時間測定機器から始まります。このモデルは、センターに大型サイズの分針、12時位置に時サブダイヤル、および6時位置に秒サブダイヤルを備えています。Silinvar製のPulsomax脱進機とSpiromax髭ぜんまいからなるハイテク調速装置の解説がこれに続きます。パテック フィリップ・アドバンストリサーチ部門が開発したこの2つは、高い計時精度と比類のない信頼性を兼ね備えています。1996年にパテック フィリップが特許を取得した年次カレンダーの特長も紹介されます。この完備したカレンダーは、1年に1回のみ、日付調整が必要です。

パテック フィリップ・テクニカルニュースの内容は、パテック フィリップ・ウェブサイトpatek.comだけでなく、YoutubeとVimeoパテック フィリップ公式チャンネル、さらにその抜粋がInstagramパテック フィリップ・アカウント@patekphilippeにも掲載されています。

本ウェブサイトは、機能の向上と分析、およびお客様に最高の体験をしていただくため、「免責事項」に記載のように、クッキー(cookies)を使用しています。設定を変更せずに本ウェブサイトのご訪問を継続なさることにより、お客様は、本ウェブサイトによるクッキー(cookies)の使用に同意なさったことになります。