(この内容は英語のみで利用可能です。ご了承ください。)

新規 - 18.03.2019

テクニカル・ニュースNo. 2 / 年次カレンダー・レギュレーター5235モデル

マニュファクチュール パテック フィリップのウェブサイトpatek.comに最近、新しいセクション、パテック フィリップ・テクニカル・ニュースが加わりました。その目的は、明確に構成され、容易に理解できるエキサイティングな動画を通じ、最も洗練された時計のメカニズムをデザイン、機能の両面から深く理解していただくことです。

レトログラード日付表示付永久カレンダー、ミニット・リピーター、トゥールビヨン、回転する星座表(天空星座図)など、スカイムーン・トゥールビヨン6002モデルに搭載されたグランド・コンプリケーション・メカニズムを特に掘り下げて解説した第1回エピソードに続き、パテック フィリップ・テクニカル・ニュース第2回エピソードは、独自性溢れる文字盤を備えたユニークなデザインのタイムピース、年次カレンダー・レギュレーター5235モデルをテーマとしています。バーゼルワールド2019では、ローズゴールド・ケースに、縦方向にサテン仕上げを施した2トーンのグラファイト・ブラック文字盤を備えたニューバージョンが発表されました。

The exploratory tour begins with the historic precision timekeeping instruments called “regulators” that inspired this watch. They have a large sweep minute hand, an hour subdial at 12 o'clock, and a subsidiary seconds dial at 6 o'clock. It continues with the description of the high-tech oscillator consisting of a Pulsomax escapement and a Spiromax balance spring in Silinvar. These two developments conceived by the Patek Philippe Advanced Research department pair superior rate accuracy with unparalleled reliability. Enthusiasts can also acquaint themselves with the advantages of the Annual Calendar patented by Patek Philippe in 1996. This full calendar only needs to be corrected once a year.

The Patek Philippe TechNews presentations can be viewed not only at patek.com but also on Patek Philippe’s official YouTube and Vimeo channels. Additionally, excerpts are published on Instagram @patekphilippe as well.

本ウェブサイトは、機能の向上と分析、およびお客様に最高の体験をしていただくため、「免責事項」に記載のように、クッキー(cookies)を使用しています。設定を変更せずに本ウェブサイトのご訪問を継続なさることにより、お客様は、本ウェブサイトによるクッキー(cookies)の使用に同意なさったことになります。