パテック フィリップが初めて参加する《​Watches & Wonders Geneva 2021》オープニング・デーの4月7日、マニュファクチュール パテック フィリップはノーチラス・コレクションの新作4つを発表した。

img
5711/1A-014モデル
新しいオリーブグリーン・ソレイユの文字盤
img

2021年はステンレススチール仕様のノーチラス5711/1Aモデルが製作される最後の年になるという発表に続き、パテック フィリップはこの象徴的モデルに新しいオリーブグリーン文字盤を導入しました。これはノーチラス・コレクションではこれまで存在しなかった文字盤カラーです。この新しいバージョンは、ブルー・ブラックのグラデーション文字盤を備えた5711/1A-010モデルに置き替わります。

5711/1300A-001モデル
ステンレススチールとバゲットカット・ダイヤモンドの独創的な組み合わせ
img

ケースとベゼルの特徴あるフォルムが、最高の伝統に従って1列にセッティングされた、32個のピュア・トップウェッセルトン・バゲットカット・ダイヤモンドによって強調されています。各々のバゲットカット・ダイヤモンドは、丸みを帯びた8角形のベゼルのフォルムに完璧にフィットさせるため、長方形ではなく、わずかに台形をなしてカットされています。

img
img
5990/1R-001モデル
ブルー・ソレイユ文字盤を備えた新しいローズゴールド・バージョン
img

ノーチラス・トラベルタイム・クロノグラフは、フライバック・クロノグラフ、トラベルタイム(デュアル・タイムゾーン)、および現地の日付指針表示(12時位置)という3つの有用なコンプリケーションを組み合わせています。

7118/1450R-001モデル
全面にダイヤモンドをスノー・セッティングした、ノーチラスのニューバージョン
img

ケース、ベゼル、およびブレスレットに2,553個のブリリアントカット・ピュア・トップウェッセルトン・ダイヤモンドがセッティングされたローズゴールド仕様のこの新しいハイジュエリーモデルは、スノー・セッティングという希少なセッティング技術を用いています。この高度に洗練された技術により、石と石の間のゴールド素材ができるだけ見えないように、異なるサイズのダイヤモンドを組み合わせています。

img

本ウェブサイトは、機能の向上と分析、およびお客様に最高の体験をしていただくため、「免責事項」に記載のように、クッキー(cookies)を使用しています。設定を変更せずに本ウェブサイトのご訪問を継続なさることにより、お客様は、本ウェブサイトによるクッキー(cookies)の使用に同意なさったことになります。